ベランダ緑化推進活動|ニーム散る散る満ちる



寒さにやられてニームの葉が散りに散って、今やこんな姿に。



2週間前はこんな感じ。

寒さが厳しくなってきたこの頃から、バラバラと葉が落ち始めた。

ニームは、もともと熱帯の乾燥地帯の植物だから、まだ幼木のころは寒さにモロにやられるそうだ。

気温5℃を下回るようになると、このように葉が落ち、ただの棒にまでなってしまうらしい。

あ、実際、僕のニームも一歩手前。

運が良ければそこからの復活もあるそうだが。

とりあえず、棒になる前に室内栽培に切り替えた。

妻は、鉢が地震で転げたら嫌だなと難色を示したが、日に日に棒に近づくニームに、いっそ枯れてほしいねと言いつつもOKを出した。

その甲斐あってか、



散った葉の脇芽が出始める、ニーム復活の期待が高まる。

目指せ、目標樹高20メートル。
あと、19.4メートル!
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する