日記|今年のクリスマスもディズニーランドへ



昨年に続き、クリスマス時期のディズニーに妻家族と行ってきた。

s-IMG_261224-1.jpg

昨年は、冬のディズニーをなめていたため、薄いコートで出かけてしまい、一日中ブルブル震えていた。
なので、今年は完全防備。

今年の2月に安くなっていたから買って、ずっと車に積みっぱなしだったユニクロの暖パン「ウォームイージーカーゴ」に、タイツ。
上はセーター、フリース、ダウンジャケット。

s-IMG_261224-4.jpg

足元は、歩きやすさと耐寒性を考えてRedwing8875。

ユニクロのウォームイージーカーゴ、外で着るにはちょっと気に入らなくてイマサンくらいだけど、すっごく暖かい。
これは、最強の部屋着かもしれない。

s-IMG_261224-5.jpg
SherbetsのGHOSTが流れるような風景。

s-IMG_261224-6.jpg
イッツアスモールワールドは、いろいろとちょうどよく、時間のつなぎに最適。
私が初めてディズニーランドを訪れた5歳のときに、当時できたばかりのビッグサンダーマウンテンと間違えてスペースマウンテンに張り切って乗り、以来ジェットコースターに対してトラウマを刻み込まれた。
ディズニー怖いディズニー怖いと怯える私が次に乗ったのが、この癒しの顕現とも言えるアトラクション。
以来、私にとってこのアトラクションはほっとする癒しの存在。
当時と基本的に変わらず、私を迎えてくれる。

s-IMG_261224-7.jpg

冬のディズニーを楽しむ方法は、もうとにかく耐寒性の高い服装で。
どうしたって混むので、これだけは乗りたいというアトラクションを決めて、あとは乗れるのがあれば乗れるときに乗る。
くらいの気持ちでいれば、人混み大嫌い、長時間並ぶの大嫌いの私でも楽しめた。

と余裕たっぷりの私たちの裏で、ファストパス争奪に駆け回り、列に並び続けた義妹の存在を忘れてはならない。

s-IMG_261224-8.jpg

あと、今話題のシンデレラ城のマッピング。

これがなかなかすごかった。
生で1度は見る価値ありかと思う。
でも、こういうのを始めから終わりまでスマホのしょっぱいムービーで撮り続けている人っていったい何のため?と理解できないな。
終始、スマホの画面で確認しながら、生のショーを生の目で見ないで、スマホの小さな画面を見ているのって、もったいないよね。




ディズニーと言えば、おみやげ購入合戦も嫌いだし、手荷物が増えるのがとても嫌。

今回はディズニーランドに行くとだいたい寄っているウェスタンウェアのFUNNYのお店でこれを買った。

s-IMG_261224-9.jpg
1枚200円。
6倍くらいの大きさのもあって、それは500円だった。

このお店、リオスのレースアップブーツは去年もあったけど、リオスのエンジニアブーツがあったり、妻が買い物合戦に出陣したあとなどのちょっとした空き時間に寄ってみるといいと思う。

しかし、ディズニーランドに来て、10万円のブーツをここで買う人がいるのだろうか、それが毎年の疑問。

関連記事
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する