日記|Tapirレーダーバルサムで木製家具の手入れはできるのか



我が家のリビングテーブル。

一枚板ではないけど、無垢材の天板で気に入っている。
購入した際に、乾燥による「割れ」を防ぐために保護用のワックスの購入も勧められたけど、よく調べてから買おうとそのときは購入せず。

そのままあっという間に半年以上が経ち、気がつくとちょっと割れてきていたので、慌てて調べた。


家具用ワックスとは


どうやら、ワックスとして使われるものは、蜜蝋、カルナバ蝋、ひまし油など、手が触れるところなので天然のものがいいとのこと。
食用のオリーブオイルでもいいらしく、案外、なんでもありみたい。

蜜蝋、ひまし油、天然素材、と聞くと、あれそういえばTapirのレーダーバルサムの原材料がそんなんだったような。

なになに、、、ひまし油、蜜蝋、シェラックロウ、キャンデリラロウ、カルナバロウ、オレンジテレピンオイル、バルサムテレピンオイル

あれ、これでいいのではないだろうか?

s-IMG_261116-16.jpg

まさに万能ワックス、Tapir レーダーバルサム。
靴だけじゃなくあらゆる革製品、そして木製家具までいけてしまうのか。


Tapirを使ってみた



s-IMG_261116-18.jpg

カラッカラに乾燥して割れたバルサムのひとかけらを取り出して、

s-IMG_261116-19.jpg

グリグリと全体に塗りこむ。

s-IMG_261116-20.jpg

塗りこみ完了。

s-IMG_261116-21.jpg

ほのかに光沢、そしてあふれるオレンジ臭。ちょっと鼻にきつい。

そして、磨きこむ。

s-IMG_261116-22.jpg

磨きこんだ箇所は、光沢が出る。
これだと右のほう。

べたつくところがなくなるまで、テーブル全体を磨きこみまくって完了。
かさかさとした手触りから、ちょっとベタつくとまではいかないけど、しっとりとも違う感じになった。


家具にTapir、アリなの?ナシなの?


どうなんだろう。
ちょっと鼻を突くオレンジの匂いというか、臭いがテーブル周辺に漂うので、それが気にならなければアリかもしれない。

子供がこの上でお絵かきとかするので、クレヨンだとか水性顔料が染み込まないように保護層の役割をしてくれることを期待する。
昨日、水をこぼしたときには、ちょっとだけ弾いていたから、効果はある。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する