仮面ライダードライブを4話まで見た感想



仮面ライダードライブ。(テレ朝公式HP→http://www.tv-asahi.co.jp/drive/

放送前の前情報として、


1.バイクには乗らない(ドライブ自身は)で、車に乗る。

2.変身は、ベルトとブレス。

3.ベルトに意思があってしゃべる。というかベルトも登場人物。ピョン吉みたいなもの。

4.主人公が、COWCOWの伊勢丹チェックの人にしか見えない。妻いわく、COWCOW7割小栗旬3割。



全体の設定、デザインになんとなく戦隊シリーズの雰囲気を感じて、かなり不安だったドライブだけど、見始めてみると面白い。
主人公も、COWCOW成分は思ったよりなくて、イケメンだった。

タイヤを肩から袈裟懸けにしたドライブのデザインには度肝を抜かれたが、見慣れるとこれはこれであり。
このタイヤをいろいろと交換して戦うんだけど、いくつかのタイヤの安っぽさが気になったけどね。

変身後の「ちょっとひとっ走り付き合えよ」という決め台詞の腰を落としたポーズが好きだ。
S.H.フィギュアーツが出たら、購入してこのポーズで飾ると思う。


メタルヒーロー感のある魔改造を施されたNSX、トライドロンは、まあ、いいとしよう。
ただ、せっかくNSXなのにミッションがATなのかよ。。。とは思う。


主題歌は松岡充で、イントロがかっこよかったので初めて松岡充の歌をitunesで買った。
OPの尺ver.で短くて250円はちょっと割高感あったけど。

うん、ハマってるなこれは。

今後の展開次第で、かなり面白くなる気がする。
序盤がとても面白かったカブトのようにはならないでほしい。


ところで、冒頭の画像は、うちの息子が「ドライブ、タイヤこうかん」と言いながら作ったレゴ。
うーん、天才。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する