ジテツー|SONOMAで初めてパンクした



休日出勤でジテツーしたときに、ソノマに乗り始めてから1年半経つけど初めてパンクした。

帰り道だったからよかったけど、うぉー!とかっ飛ばしていたら、急に後ろから「プシュンプシュンプシュン」と音がして、うぉーこれがパンクかーと。

小学生のときから自転車には乗っているので、走行中のパンクは初めてじゃないけど、タイヤの気圧が違うから音がハデでびっくり。
「シュウ~」ではなく、「プシュンプシュン」

パンク修理用パッチもタイヤレバーも持っていたけど、外は暗くなってきていたし、自宅まで3キロくらいの地点だったので、リムを打つほどに空気圧が下がりきるまでそのまま走って、あとは手押しで帰った。

なんか洗礼を受けた気分。
もう初心者向けのパンクなしのイージーモードは終わりですよと。

帰ってから、タイヤを見てみたら、一ヶ所刺し傷あり。
チューブには、パンクの原因となったであろう穴が一ヶ所と、無理やり走ったときにできたであろう蛇に噛まれたような穴が2ヶ所。

手持ちの修理キットは応急処置用しかないし、パッチを買ってきて合計3ヶ所ものパンク修理をして今度はジテツー往路でパンクしたら悲劇なので、チューブ交換することにした。

通勤通学に向きませんと注意書きされているレース用チューブのR-Airをイキッて使ってみたけど、コスパと用途を考えたら、ブチルゴムのチューブで十分。

重量とかはたいした問題ではないから、今度は耐パンク性の高いチューブにしようと思う。
本当、ジテツーの往路でのパンクとかカンベンだから。
関連記事
Theme: 自転車 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する