アルミフラットペダル「VP365」



フラットSPD兼用ペダルのSHIMANO PDーA530にSonomaのペダルを変えたため、
(→そのときの記事 「Reboot 恐怖びんでぃんぐ物語」)
取り外されたSONOMAに純正でついていたフラットペダルVP365。

ふだんはクランクについていてなかなか目の高さでじっくり見る機会がないので気づきませんでしたが、
こうしてみてみると、アルミの塊感がかっこいい。

s-IMGP260920-2.jpg

この小傷がついた金属の表面の光沢。


ただ、手でくるくるーと回してみると、右はシューッと気持ちよく回るのに、左はゴリゴリッとした
感覚があり、これがもしやベアリングのグリス切れってやつでしょうか。
こいでいるときはぜんぜん気がつかなかった。

s-IMGP260920-3.jpg
(左右がわかるように軸にLRの表記が親切ですね)


何万回というペダリングの中で、このこのゴリゴリとした抵抗が、大きな差になってくるんでしょう。

SONOMAの運用状況が変わればまた使うかもしれないし、ホイールのハブのメンテをやってみようと
思っているので、その前哨戦というか、整備の経験を積むため、ペダルのベアリング清掃、グリスアップを
試しにやってみようと思います。

次回に続きます。
(続き→ Reboot 2014/9/20の記事「フラットペダルVP365のハブ清掃・グリスアップチャレンジ」
関連記事
Theme: 自転車 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する