買えるものではなく、欲しいものを買う



ここ数年、お店に行って、「あ、これ欲しい」という買い物よりも、ネットで検索して「これかなー」みたいな買い物が多い気がする。

楽天だとか、ヤフオクだとかネットで探していると、本当にこれが欲しいのか、それとも価格的に手が届くからと買っているのかよくわからなくなってくる。

けっきょく、なんだか始めからそれが欲しかったような気がしてきて、そんな後付けで理由を付けて買ったものって、なんだか違うナーと捨てること多々あり。
IMGP5718.jpg

大塚製靴のボタンブーツなんかは、これが欲しいと決めて、お金を貯めて買った、これが欲しくて買ったもの代表格で、
かなり大事にしているんだけど、どれとは言わないけど、ネットとかでコレカナーと買った靴はだいたい捨てたと思う。

最近、スタジャンが欲しくてお店で買うのはちょっと高いしナーとヤフオクで古着とか探していました。
で、そうするとやはり値段がネックになってきて、これが欲しいんじゃなくて、これでいいかという選び方になっているん
ですよね。
それじゃあイカンぞと、結局手は出さず、これが欲しいというのが見つかるまでは、おあずけにしました。
冬用の上着はカビるほどあるし。

というわけで、これからは買い物をするときは、実店舗でもネットでも、それって欲しいものなのか、買えるものなのかを
考えて、本当にほしいものを買うようにしたいですね。

決して、するぞ!とは言わないし、言えないけど。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する