恐怖びんでぃんぐ物語2(実走編)



【走行データ】
7月13日 印旛沼サイクリングコース
走行時間:2時間16分16秒
走行距離:54.6km
最大速度:40.0km/h
平均速度:24.0km/h
高度上昇:272m
高度下降:270m
(データはruntastic road bikeによる)
初めてビンディングで走ってみました。

SPDのクリートは小さいので、固定部分にバチッとはめづらそうだなと思っていましたが、そんなことはなく、
思ったよりかんたんにバチッとはまってくれます。

前を引っ掛けてから踏み込むと、バチッと金具がかみ合って固定される感じ。
外すときは、かかとを外側にひねるとカチッと金具が外れて、足が外れます。

とっさのときに足をつくにはこの足を外すという動作が追加されるため、地面に足がつけなくて転んでしまう「立ちゴケ」という事象が起こる模様。
これって道路の車道側に倒れこんで、そこに車が来たら、死ぬしかないんじゃあないか?と思うわけですが。

それを担保しても余りある効果があるから、みんな使うのかなと、試しに50キロ程度走ってみました。

【その効果は?】
走行データは上のとおり。

まあ、いつものとおりです。。。
たぶん、フラットペダルのこぎ方なんだと思います。
踏み込む、反対の足を引き上げるの2動作から、天辺と下辺でペダルを地面と平行方向に動かす動作を加えた4動作に増やさないといけないようで、それがヘタクソなんでしょうね。下手糞ペダル。

【引き足について】
踏むこむのとは反対の、お留守になっている足を引き上げる力でもペダルを回すのが引き足とのことらしいんですが、踏み込みつつ足を引き上げるという動作をスムーズにペダルを回す円運動の中で行うのは、私には難しく、正直引き足の効果はまだぜんぜんわかりません。

無理やり引っこ抜くように漕いでみたら、瞬間的には加速しましたが、ヒザに違和感が出てきたのでやめました。

【立ちゴケは?】
とりあえず今日はしませんでした。
いずれはビンディングを使うこともあるかなと半年くらい前から意識的にフラットペダルで練習していた成果でしょうか。
降りるときは必ず左足を着くとか、かかとをひねるとか。
ただ、やはり実際にやってみると、思ったより力を入れてかかとをひねらないといけなかったり(調整はできますが)、始めはちょっと怖かったです。
後半はだいぶ慣れました。
ただ、100キロ、200キロ走ってヘロヘロのときにこそ気をつけないと、うっかり立ちゴケは十分にあり得ます。

【結論】
現時点での結論としては、コケて後続車に轢かれて人型の白線に化ける危険性を高めてまで、ビンディングペダルを使う必要性は、まだ私のレベルでは感じられませんでした。
シューズに金具が付くので、歩きづらいし。

ただ、使いこなすと平地巡航速度が5キロアップしたとかいう話もあるので、もうちょっと練習してみようと思います。

小野田君のぐるぐるぐるーを目指して。
関連記事

コメント

ビィンディング

おはようございます、ていじんです

ビィンディング、初めてはコワいですよね~
私もドキドキでした

でも最初は緩めに設定しておけば(ペダルの方にネジがあります)
脚をちょっと強く引けば、ひねらずに「バチン」と」外れます

そして引き足

あれは意識しない方がいいかもです
私は脚の付け根を起点として、ヒザの上げ下げのみを意識します
膝から下はもう全く意識しません

ひたすらにモモ上げをやっている感じです(笑)

2014/07/20 (Sun) 07:20 | ていじん #- | URL | 編集
Re: ビィンディング

ていじんさん
ビンディング、やはり慣れたつもりの頃が危ないようで、初立ちゴケました。
ラフロードに突っ込んだら、ゴロッと右側に。
車道だったら、お昼のニュースでした。

2014/07/21 (Mon) 15:32 | imzkmc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する