スイカロードレース無事完走


腸頸靭帯炎でも10キロ走るために僕が考えた方法。
体重減も、腸頸靭帯炎克服も果たせぬまま迎えた当日。

体重は、62kg。

ヒザの活動限界は3km。

先日の予行練習の結果から、今出来ることを整理して、作戦を立てて臨むしかない。

10km普通に走ったら、ヒザ痛は間違いなく発症する。そこで

1.スピードウォークで距離を稼ぐ。
2.あとは走れそうな距離になったら走る。
3.それでも痛んだら歩く。

場当たり的作戦ですが、これしかない。
あとは、お守り代わりにキネシオロジーテープを腸頸靭帯沿いに張ってみたり、前日から下半身を中心にストレッチをやってみたり。

そしてスタートの時間を迎えました。

スタートゲートをくぐると、周囲は走り出しますが、ここはグッとガマンでスピードウォーク。
ガンガン抜かれるし、端っこを歩きましたが、けっこうジャマそうにされましたね。
そりゃそうだ、いきなり歩いてるんだから。
しかし、こちとらにもヒザの痛みという事情がある。
s-IMG_260622-14.jpg

走りたいのをガマンしてガマンして歩く歩く。
そうしているうちに2km~3kmくらいから歩き始める人がちらほら出てきました。
この大会は、給水所ならぬ給スイカ所が目玉のファンラン的な大会なので、そこまでみんなガチではないんでしょう。

で、3km地点から満を持して走り始め。
行けるところまで走ろうと自分のヒザと対話しながら走る。

7kmあたりから張りが出てきて、あ、これはそろそろマズイかなとも思いつつ、ヒザの着地の際のショックを受ける場所を変えてみたら、ちょっと楽になった。
(これはもしかすると、ヒザが開いた形で走っているのかも。)
おおこれはもしかしていけるんじゃないかなとソロソロと走って、だましだまし、ついに10kmでゴール。
体力はまだ残っていましたが、ヒザが綱渡りでした。

徒歩3kmを含みますが、10km走ってヒザが無事なのはだいぶ久しぶりで、なにか腸頸靭帯炎克服へここ数年重く固く閉ざされていた扉が一つ開いたようでかなりうれしいです。
ストレッチ、テーピングも効いているのかもしれません。
しかし、こういう試行錯誤をする場合は、条件を一個ずつ変えないとけっきょくどれが決め手だったのかよくわからなくなってしまいますね。

【走行ペース】
~1.0km  8:01
~2.0km  7:46
~3.0km  7:51
~4.0km  5:44
~5.0km  5:54
~6.0km  6:04
~7.0km  6:01
~8.0km  6:00
~9.0km  7:11(給スイカ場区間)
~10.0km   5:37
   合計 1:06:43
(runtasticによる)
関連記事
Theme: マラソン | Genre: スポーツ

コメント

おめでとうございます!

ご無沙汰しております。そして完走おめでとうございます!
なによりヒザが無事で一安心。
私も少し前からヒザの痛みを起こさず走る方法らしきヒントを得て、色々と試しています。
私の場合は着地時の接地時間と関係がありそうで・・・試行錯誤しています。
一つの大きな目標の達成とそこで得られたヒント、一つずつステップアップしている感じで
少しずつですが改善傾向ですね(^^)。
それにしても給スイカ場、マラソンの最中のスイカなんて想像しただけでよだれが湧き出してきますね!

2014/06/24 (Tue) 23:03 | gohkiti #- | URL | 編集
Re: おめでとうございます!

gohkitiさん

ありがとうございます。
走ってから3日経ちますが、やはり無傷とはいかなかったようで、たまにピキッときます。。。
しかし、停滞していたものが動き始めた感じがあるのはやはりうれしいですね。

gohkitiさんもヒザ痛克服に取り組まれているんでしたよね。
原因は、筋力、柔軟性、フォーム、いろいろ言われていますが、誰かコーチなどに師事しているわけではない、ホビーランナーには、その辺なかなか難しいですが、諦めずコツコツと克服していきましょう。

スイカは、水分、カリウムが豊富で、熱中症対策にもばっちりだそうですよ。
毎年、この大会は時期が時期だけに熱中症で救急車大忙しですけどね。

2014/06/25 (Wed) 06:20 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する