BROOKS 革サドル B17



サドル、替えました。

【走行データ】
5月28日ジテツー往路
走行時間:34分59秒
走行距離:12.6km
最大速度:40.3km/h
平均速度:21.6km/h
高度上昇:120m
高度下降:108m

5月28日ジテツー復路
走行時間:35分56秒
走行距離:12.7km
最大速度:41.5km/h
平均速度:21.2km/h
高度上昇:101m
高度下降:116m
(データはruntastic road bikeによる)
購入したのは、BROOKS STANDARD B17という一番普通の形をした革サドル。

IMGP6749.jpg

革は思ったよりも肉厚。

これに座るのかよと、座面をグッと押してみると意外とやわらかいというかサドル全体で変形して力を逃がす感じです。

BROOKSのサドルの手入れには専用ワックスがありますが、わざわざ買わなくてもうちには既にブーツ用のそれっぽい
のがたくさんあるので、とりあえずマスタングペーストを表に軽く塗りこんでみました。

調べてみると、裏にも塗るという説もあるようですが、今回はやめておくことに。
(型崩れ等で寿命が短くなる説があります)
IMGP6752.jpg

どうしても痛くて座っていられなければ、裏面に塗ってヘタレさせることも検討。

で、さっそく仮付け。

IMG_1177.jpg

色がやはりまだ新品だからか浮いてしまっていますね。

試しにジテツーしてみましたが、往路はぜんぜんダメ。
よく聞く、革が硬くて尻が痛むとか割れるとかはぜんぜんなかったんですが、画像を見てわかるとおり、先端が下を向いてずり落ちるなどサドルの角度がダメダメで走りづらくて、これじゃあ元のサドルの方がよかったなと思うくらい。

走りながら調整しましたが、往路では納得する位置が見つからず。

そして復路でもちょこちょこイジッて、逆に門渡り付近が突き上げられて子孫繁栄に重大な問題が起きそうな感じになったり。
それでも何回目か調整して、ようやく突然訪れたビタァッとハマッた感じ。
そこからはもうスイスイでした。

自分の尻になじんだ革サドルは、どんな高級サドルよりも快適だとかで10年モノとも20年モノとも言われています。

早く私の尻に馴染ませ、その最高の座り心地を体感してみたいものです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する