Zigtechを自転車に最適化



解けたシューレースがペダルに絡まって強制ビンディングの刑を経験したことは誰もがあるはず。
あれはかなり肝を冷やします。幹線道路でそれをやると本当に命の危機にさらされます。
自転車に乗るときに、やはりどうしてもシューレースがフロントのギアに絡まって解けるのが気になり、昨年から気になっていたシューレースを試してみました。
IMG_1137 - コピー

CATERPY RUN「結ばない靴紐」

素材はビョンビョン伸びるゴムで適度なホールド力。
そしてこのイボイボがシューレースの穴に引っかかって、結ばなくても解けません。

今回、私は適当に50cmのタイプを購入しましたが、これがちょっと失敗。
全部の穴に通すと長さが足りないのと、ギッチギチのホールド感になるため、1つ置きに通しています。
こうするとスリッポンくらいのホールド力で、脱ぎ履きが楽です。

で、いざラン、走るときにはイボイボ1つずつキツくしてやれば、スポーンと脱げることはなく、
ジョギングくらいでは、イボイボがブツブツとズレて緩まることもありませんでした。
本気ダッシュだと、わかりませんが。

価格が1セット1,000円前後とシューレースにしては高いのが気になりますが、シューレースが解けるのを気にしなくていい、脱ぎ履きが面倒くさくないというのは大きなメリットだと思います。
(オマケでステッカーが付いていましたが、何に使えと・・・)

とりあえず、自転車用のシューズを買うまでの暫定措置ということで。
関連記事
Theme: 日記 | Genre: 車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する