スウェードにオイル

ダメと言われるとやってみたくなる。




ミンクオイルやポリッシュ、乳化性クリームによく書かれている注意書き、

「起毛革には使用できません」

使用すると毛足がつぶれて起毛革の風合いが損なわれるんだろうということは
予測できます。

しかし、スウェードのブーツで毛足がつぶれて光沢が出ているブーツって
かっこいいよなあと思い。。。

また、ブラッシングとスウェードスプレーだけではなんだか白っぽくなってきしまい、
それはあまり好きではなく。。。。

数年前からときどきオイルを塗りこむようになりました。

そんなに頻繁には塗りませんが、起毛が乾燥しているなーと思ったら染みにならない程度に
塗りこんでいます。


・処置前画像

P1010004.jpg


P1010003.jpg


P1010006.jpg


P1010007.jpg

ブーツはこのカットがかっこよく見えて好きです。


で、いつもはホワイツの純正オイルを使用するんですが、
今回は毛足がつぶれる方向にもっていきたいので、マスタングペーストを使用。


・処置後です。

P1010008.jpg


P1010010.jpg

やはり色が濃くなります。

そして、多めに塗りこんだので、毛足がダマになっています。

P1010011.jpg


まあ、好みの問題ですかね。

JEWELのブーツオイルは起毛革にも使用OKと書かれているそうですから、
スウェードにオイルも無しではないんではないかなと。


本気で毛足を潰すつもりなら、KIWIのウォータープルーフや、
TAPIRのレーダーバルサム塗りこめば一発かとは思いますが、
そこまでの勇気はないです。


オイルを塗りこむ、履きこむの繰り返しで、理想のエイジングに
近付けていこうと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する