auのiPhone5を下取りするときに気をつけること。



auのiPhone下取りプログラムが11月30日までということで、どうするか迷っている人も多いと思います。

私も下取りプログラムで下取りをしてもらい、iPhone5から5Sに機種変更をしました。
しかし、ちょっとしたボタンのかけ違いから制度のエアポケットにシュートされてしまい、その道のりはとてもわずらわしいものでしたので、注意点を記しておきます。
おそらく5を下取りに出して機種変更を行う人の状況というのは、だいたい同じだと思います。

・人口に対してのLTEカバー率の誤表示にハマり、電波状況がお話にならない。
・auが「800MHzの周波数はツナガル」と広告を打っているのがイラつく。
・お客様センターに連絡して、今後の電波状況の改善の見込みを聞いても、半年、1年先にはもしかしたらよくなるかも・・・という回答。私が購入したときの説明では、今年の1月にはLTEエリア範囲内になる予定との説明でした。今考えればあれは800MHz帯の話だったんだと思います。

私はこれらが決め手でした。


で、実際に11月30日が期限となっている現機種の下取りプログラムについて問い合わせてみました。
iPhone5については、特別に他よりも下取り金額(実際にはauポイントによる)で対応させていただいているとのこと。
(auへ、これが誤表示でハメたユーザーへの救済措置か?という問うてみたところ、そういったものではないとのことでした。)

現在のauポイントと下取りによるポイント、auから5ユーザーへ送った機種変更の際に使える割引クーポン、そしてお客様センターの担当が裁量を持っているというポイントを使って、5の機種代割賦の残債をチャラにして、5Sに機種変更をすることにしました。

さらば、不遇に耐える忍耐の日々よ。

前置きはここまで。ここからが本題です。

この機種変更の手続きは、かならずauショップなどの店頭で行いましょう。
auのオンラインショップで購入するとこれらのポイントは事実上一切使えなくなります。

オンラインショップの手続きの中で、現在のポイントをいくつ使用するかという箇所があったと思いますが、
この時点ではまだ下取りが済んでいない人がほとんどのはず。
下取りを希望するかというチェックボックスもありましたが、これには意味はなく、なんとなく聞いているだけのようです。
よって、ここで使用できるポイントは現在のポイントのみです。

おかしいなーと思いつつ、ショップでの引き取り時等にポイントで処理できるかなと思い込み、処理を先に進めると、クーポン番号を記入する箇所があります。
ここもまた落とし穴の一つで、auからメール等で送られてきた機種変更代値引きクーポンには店頭での機種変更時用と、オンラインショップ用に2種類あるそうです。
ただしメールにもクーポン画面にも、そのような区別の記述はありません。
クーポン画面の番号を入れても、「このクーポンは使えません」とはじかれます。

で、私は「ふーん、まあサポートセンターの人もオンラインショップで予約してショップで引き取るって言っても何も言ってなかったし、何度もショップでの引き取りか確認していたから引き取り時に使えるんだろう」とタカをくくってしまいました。

そして、いざショップに機種が届き、引き取りに行きました。
自分が落とし穴にズボズボとはまっていることに気が付かず。

「機種はこれです、はいサヨウナラ」とあまりにもすばやい対応に面食らい、オンラインショップでの予約時に下取りを希望するとチェックを入れたこと、ポイントとクーポンを使いたいことを伝えたところ、オンラインでの予約の場合、それはできませんとのこと。

下取りはできるが、それでついたポイントは、現機種の残債にも、新しい機種の購入代にも充てられないそうです。

じゃあ何に使えと?と聞くと、修理代や周辺機器の購入、家族の機種変更の際などに使えますとのこと。

そこから、こちらはこうこうこういう事情でこうしたい、こういう手続きを踏むからと説明していたのになんで教えてくれないんだと5日間戦争が始まりました。

私も必死でした。なにせ使う予定のない4万ものポイントをあてがわれ、機種2台分の割賦を払うのは正直キツイ。
それでもどうしてもダメだったときには、妻に機種変更時にポイント使ってくれと頼んではおきましたが。
(ただし、本当に家族のポイントが融通しあって使えるかはわかりません。要確認です。)

音声の録音があるので、私が本当にサポートセンターの担当にどういう手続きを踏むと説明しているか確認して連絡をすると言われ、翌日そんな説明はされていませんでしたよと回答を頂き、あれー?そうだっけか?とちょっと不安になり、いつの何時の録音か聞いてみたら、違う時間の録音だけ聞いて連絡してきていたり。

お客様センターも騙すつもりはないんでしょうが、気の弱い人や老人はそのまま押し切られてしまいますね、あれは。

そして、どうにかこうにか当初の目論見どおり、ポイント等は現機種の残債に充ててもらえることとなりました。

ものすごく長い時間、電話で話したり、お互いにとても労力を使うこととなります。
経緯をすべて書いたら、ものすごく長くなってしまったので書きませんが、期間は1週間くらい。
通話時間はぜんぶで4時間くらいにはなったと思います。

とにかく、これから下取りで機種変更をしようと考えている人に対して言いたいことは一つだけです。

とにかくショップで手続きをしましょう!
関連記事
Theme: au | Genre: 携帯電話・PHS

コメント

近日中に下取に出した上で機種変更する予定なので、とても参考になりました。
ありがとうございました。

2014/03/15 (Sat) 22:02 | 龍山 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>龍山さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

ご参考になれば幸いです。

> 近日中に下取に出した上で機種変更する予定なので、とても参考になりました。
> ありがとうございました。

2014/03/16 (Sun) 16:05 | imzkmc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する