【経年変靴レポ】Paul SmithのTricker's-10 「クラック被害拡大」



前回、潤すメンテを施したトリッカーズ。

→【経年変靴レポ】Paul SmithのTricker's-9 「革を潤すメンテ」

よくよく見てみたら、トリッカーズのアッパー全体パリパリで割れ割れ。
ここまで被害が拡大していたとは。いったいどうしてこうなった、という感じです。
とりあえず、Mモゥブレイのデリケートクリームを塗りこみ、高いのでけちけち使っていたコロニルのプレミアムディアマントを気持ち多めに塗りこみ、Tapirのレーダーバルサムで革をマッサージし、磨き上げてみました。

IMGP6598.jpg

こうして見るといい具合に見えるんですが、よく見てみると。

IMGP6585.jpg

まだなんだかパサついているというかッささくれ立っているというか。
指先の荒れにオロナインを塗りこむように、やばいかなと思いつつマスタングペーストをシミにならないくらい、うっすらと塗ってみましたが、ダメでした。

IMGP6594.jpg

屈曲部もメダリオンから裂ける様に割れがあります。

たぶんこのブーツ、購入時点で保管期間がけっこう長かったのかもしれません。
履き降ろす前に、徹底的にクリームドブ漬けしてやればもうちょっと違う今があったのかも。

IMGP6587.jpg
この辺を見るとまだまだひよっこなんですが、足腰かなりバキバキきている。
あれ、まるで私のよう。

IMGP6595.jpg

私は革製品である靴の寿命は10年もてばいい方と考えています。(神棚靴は除く)
この靴は履き始めて6,7年。あと4、5年もってくれるか。

延命治療の前に、一度プロに頼ってみるのもいいかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する