サイクルグローブとローテクの小さな工夫



ハイテクノロジーや新素材よりもこういうローテクな工夫に感動する

現在、愛用しているサイクルグローブです。
こういう甲がメッシュになっているのが好きなんですよね。
モノとしては?

最初に見たときには、けっこうちゃっちいなと思いました。
今も思っていますけど。

メッシュの部分は目が粗いし、すぐにやぶけそう。

CHIBAのロゴが入ったベルクロストラップの部分は安っぽいし。

確かに安かったので、値段なりではあるんですが。


それでも使ってみるとまあなかなか手のひらのクッション性は高いし、使えるなという感じ。
値段に見合った品質は十分に持っていました。

ただ、やはりメッシュの目が粗いのは致命的で、フィッティングがドンピシャだったため、常にメッシュの目が定位置に来るため、手の甲のメッシュ日焼けがキツイです。


さて本題。

こういうローテクの工夫こそ目指すべきものだと思う。


IMG_0579.jpg

IMG_0580.jpg

人差し指と中指、薬指と小指に渡ってついているストラップ。
これ、最初はなんのためにあるのかぜんぜんわかりませんでした。

どこかに引っ掛けるため?転んだときに指がへんな方向に曲がって折れるのを防ぐため?と買うときに少し考えましたが、何のためのものかわからず、邪魔だったら切り取ればいいやとあまり気にもしていませんでした。

しかし、いざツーリングで使ってみたらこのストラップが大活躍。
夏のツーリングでは手に汗をかくことは避けられないため、どうしてもグローブを外しづらくなります。
そのときにこのストラップに指を引っ掛けて外す、という使い方です。(そうですよね?)

実際、指なしグローブではこのストラップがあると脱着がかなりスムーズです。
調べてみると、同様のストラップがついているグローブも何点かありますが、私の好きなメッシュグローブではこれだけなんですよね。

ペコス、ローパーなどのプルオンブーツによく付いている履くときに指をひっかけて引っ張るプルストラップに必要性を感じたことはありませんが、このグローブのプルストラップはできれば指なしグローブに標準装備していただきたいところです。
特にメッシュグローブ。

大げさかもしれませんが、このストラップのようにカンタンで、単純で、どうってことなさそうで、一見意味がなさそうで、ドヤはきかないけれども、使ってみるとすごく便利という「気づき」に尊敬を感じます。


ただ残念なことに、このグローブ、すでにメッシュが一部破けてほつれ始めているんですよね。。。メッシュ部分の品質に若干のマイナス評価です。
関連記事
Theme: 自転車 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する