CHIPPEWA 27899‐6 「LEXOL&Boot Blackでメンテ」

IMGP6060.jpg

砂浜で遊んだあとのブーツは、乾燥著しいです。

盆休みに世の中が浮かれていた中。

私の業界には「盆休み」はなく、夏季休暇が与えられます。
しかし、盆はなんだかんだ人は少ないから仕事は忙しいし、休み取っても親戚周りで忙しいしで、疲れからか盆明け直後から腹痛続きです。
そんな盆疲れもここ数日、ようやく抜けてきてお腹の調子もだいぶ落ち着きを取り戻しました。

さて、盆に帰省した旧友家族と夜の砂浜に花火をしに行ったのですが、その際に履いていたチペワのエンジニア。
帰ってきてから見てみると、砂まみれの乾燥肌に。
もはや延命治療に入っていると言っても過言ではないこのブーツ、念入りにメンテナンスを施しました。


LEXOLのクリーナーで汚れを落とした後、コンディショナーを手で塗りこんだ後です。

※やはりLEXOLのコンディショナーを素手で塗った後は、よく手を洗わないと手のひらの皮がむけます。
今回は念入りに洗いましたが、それでも指の付け根が少し皮むけしました。これって私だけでしょうか。


そしてBoot Blackのブーツオイルを塗りこみ。

IMGP6035.jpg


いつもはどちらかだけで済ませてしまいますが、やはりもうこのブーツにはLEXOLだけでは足りないような気がして。
むしろBoot Blackだけでも良かったかも。

さて、ここから写真集です。

IMGP6046.jpg

年齢を隠しきれないアッパー。クラックだらけです。

IMGP6049.jpg

IMGP6057.jpg


好きな部位。エンジニアブーツのシャフトのトップストラップは周りはこの形が一番かっこいいと思います。
Redwingはちょっとここが違うんですよね。

IMGP6059.jpg

足首周りはもうクシャクシャ。フォークブーツみたいになっています。

IMGP6061.jpg

私の持っている靴の中で、靴を履きこむとはこういうことだというのを体現しているブーツの一つです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する