ホームコースは印旛沼に決定



ツーリングと称して船橋まで国道を走った際に、千葉県の道は自転車で走るにはちょっと危険すぎると実感しました。

大型トラックから普通車まで車全般、返しが早いし、下手すれば寄せてきていないかという輩まで。
同じ自転車でも、イヤホンでミュージックライフと自転車ライフをダブルで満喫している人がほとんどで危険きわまりなし。
おそるべし、交通戦争。

それに加え、八千代周辺からずっと国道が信号続きで抜きつ抜かれつ、それらの車とデッドヒートしてしまうんです。

もう距離を走るならサイクリングロードで何週もしたほうがいいやと、けっこう本気な方々が走っているので腰が引けていたんですが、印旛沼の自転車道をわがホームコースとしました。

先週の日曜日に試しにどのくらいで行けるか走っていってみたら、片道15キロちょっと。
まあ、ちょうどいいぐらいですかね。
と強がってみます。

で、今週1日仕事が休みだったので走ってみました。

IMG_0496.jpg

印旛沼名物の風車。

IMG_0490.jpg

この川沿いにもずーっとサイクリングロードがあります。
そういえば、もう何年も前ですが探鳥会で来たことがありました。

IMG_0498.jpg

ちなみに印旛沼のサイクリングロードは一周ぐるっとしているわけではなく、北印旛から川沿い、印旛沼南岸から西岸にかけての一本道です。
印旛沼を一周するには、サイクリングロードの終点から一般の車道を通る必要がありますが、車通りはあまりないので安全です。

試しに一周という気でいましたが、正直今日はこれくらいで勘弁してください状態でした。
ストップ&ゴーがない分、疲れますね。

【走行データ】
走行時間:2時間19分
走行距離:47.27km
最大速度:35.85km/h
平均速度:20.40km/h
(データはruntasticによる)


その割には平均速度が低いのは。。。

車体も重いし(12キロ)、タイヤも太いし(700C×35)と言い訳したいですが、ただ貧脚なだけですね。

しかしこの重いサナギの殻で鍛えまくり、それをものともしない脚力を手に入れれば、イナヅマのような走りがきっと。。。!
関連記事
Theme: 自転車 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する