LUCCHESE L3508RR

しわと光沢の黒ヤギさん。

P1000848.jpg


ウェスタンブーツというと、エキゾチックレザーでつま先とんがり靴という

イメージがありますが、こういったシンプルなタイプもあります。

LUCCESE CLASSICS L3508RRです。

これもオークションで手に入れました。
新品でウェスタンブーツを購入するにあたり、Rios Of Mercedesを買うか、
Luccheseを買うかの判断材料として。
また、商品説明にアッパーがコードヴァンであるかのように書かれおり、
画像もなんだかしわの入り方と光沢がコードヴァンに見えたので、
珍しいなーと落札。

到着後、即、これは違うのではないかと思い、品番から調べてみたら、
GOAT、ヤギ革でした。

P1000850.jpg


でも、このしわと光沢が気に入り、仲間入りです。


つま先が丸まっているローパータイプ(作業用らしい)のウェスタンブーツで、
色も光沢のある黒ということで、服との合わせは難しくなく。

一度スーツに合わせて研修に行ったことがありましたが、違和感ありませんでした。
少なくとも僕は。

P1000859.jpg


裾から見えるのは足首から下だけなので、違和感ない、かな?

座って裾が上がると、あれ?となるかもですが。


つま先がけっこう反りあがってしまっており、ソール交換のタイミングで
矯正してもらおうかと思っています。

P1000854.jpg


しかし、このブーツ、モノとして見るとすごくかっこいいんですが、
なぜか出撃回数が少ないです。

オークションで購入した靴はどうも、外様になりがちですね。

P1000855.jpg

譜代と外様の2ショット。

やはり新品から履いている靴の方が、愛着は出てしまいます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する