我が家の磨き隊(黒)

IMGP5794.jpg

靴用品も靴と共に育つ。

靴磨きにおいてブラシは、ほこりを払ったり、クリーム塗布後の均しや、光沢出しに必要な最低限1つは欲しいアイテムです。

そして、靴を磨いている中である日ふと、あ、このブラシ成長していると感じるときがあります。
上の馬毛ブラシ。
これは主に光沢出し用です。
買ってから3年以上経ち、かなり成長してます。
何も塗らずとも、とりあえずこれでブラッシングすれば、光沢が出るというくらい。
よくホームセンターで売っているシャインなんとかってスポンジ付きの靴のカンタン光沢出しみたいな、ああいう効果を持っています。
おそらく、ブラシに今まで靴磨きで使ったクリームやら油分やら脂分やらが馴染んでいるんでしょう。
それらが適度な油分を靴に与え、光沢が出るというのが、ブラシの成長の実態だと思います。


まだまだひよっこの豚毛ブラシ。

IMGP5795.jpg

持ち手の白木の部分があめ色になる頃にはきっと、ブーツだったらこれだけでもいいかもというくらいになっているはず。
最近ようやく抜け毛が落ち着きました。


そして、ブラシではありませんが、我が家の磨き隊(黒)の最古参にしてもっとも成長している、

IMGP5796.jpg

靴下です。
これは、たぶん僕がまだ10代のころにユニクロで買ったアンクルソックスです。
買ったはいいけどもぜんぜん履くことがなく、捨てようかと思ったときに、シャイングローブに使えないかと閃き、試してみたところ、足裏部分は厚みがあり、柔らかで、ほこりもでないので意外にも使いやすく、靴下からシャイングローブへ転職しました。
馬毛ブラシ以上のカンタン光沢出し効果を持っており、おそらく主にブーツに使っていたので、油分を多めに含んでいるためだと思います。
ガラスレザーなんかはちょっとこれで一拭きすれば十分な光沢が得られます。

道具は、持ち主とともに成長するということですかね、違うか。
とりあえずアンクルソックスは、おすすめです。
タオルを使うよりは、ぜんぜんいいですよ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する