僕の健脚を取り戻すために。

IMGP5751.jpg

壊れたヒザを治すために、リハビリ開始。

プラモデルのように、壊れても接着剤で簡単に元通りといけばいいのですが、なかなかそうはいかないようです。
ヒザ痛とお付き合いをして2年。
一向によくならないので、再び診察を受け、リハビリで機能改善を図ることにしました。
一応、2年前にMRI検査まで行って、構造的に問題があるわけではないことは確認していましたが、今回もレントゲン検査の結果、問題はないそうです。
おそらく腸脛靭帯炎ではないかとのことで、また痛み止めを処方されて終わるとこでしたが、機能改善を望むことを伝え、リハビリを開始しました。

理学療法士が担当に付いてくれて、これから10月までにマラソンができるようなメニューを組んでくれるとのこと。
さて、さっそく第一回のリハビリで身体の動かし方を見てもらったところ、どうも座る、歩く、走るといった動作すべてが左に重心が寄っているようで、それが一因ではないかとのことでした。
確かに仕事中に足を組むときは右足首が左ひざに乗るくらいにお行儀悪いもんだから、身体は左に傾いています。
小銭とポイントカードで膨らんだ財布をズボンの右後ろのポケットに入れているので、座ると左に傾いて座っています。
言われて意識してみると、確かに常に腰から上はいつも左に寄っています。

まずは身体の左右のバランスを整えることから始めましょうということで、このかわいらしい理学療法士さんに僕のヒザの治療を託します。
初回は、エアロバイク10分こいで、骨盤を起こす運動をして終了でした。
なんだか自分よりも若い理学療養士さんに励まされながらのリハビリは自分がじいさんになったような感覚を覚えました。
高校生のころ、腰をやってしまってリハビリしていた時期がありましたが、そのときは看護師さんもみんな年上だったんですけどね。

さて、あと4カ月。しっかりリハビリします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する