PENTAX Qとアダプターでレンズ遊び



PENTAX Qは、カメラとしては2級かもしれませんが、いろいろ遊べるカメラです。

その遊びの一つとして、アダプターによるレンズ遊びがあるようです。
マウント変換アダプターを利用したQのレンズ遊びは主に2種類あります。

1.デジスコ並みの超望遠化。

2.Qのみが対応できるDマウントレンズ化。

1の超望遠化は、どうもQのセンサーサイズの関係で、通常の5.5倍のうんたらかんたらとカメラ初心者の僕にはどうもよくわからないことだらけで、通常のレンズを5.5倍望遠にして使えるってことだと理解しているんですが。(すいません勉強します。)

で、僕のような初心者のミーくんハ―くんには2がとっつきやすいのでさっそく試してみました。
Dマウントは、昔の8㎜フィルムムービーカメラのレンズの共通マウントだったようで、雰囲気イケメンな写真が撮れるかなと期待。
アダプターは、KIPONという中国製アダプターを購入。これが4,000円ちょっと。
そしておかしな名称変更を行ったヤフオク!で、Dマウントレンズ2個を調達。
正直よくわからないので、安いものを選びました。

IMG_0392.jpg


レンズ2個とアダプターでだいたい1万円、先月の小遣いの上がり分が消えました。。。

レンズは、Sankyoってところのと、YASHINONってところのです。

まあ、詳しいことは他のブログでいろいろくわしく書いてあるので、僕のブログでは割愛します。
(本当は、よくわかりません)

意外にYASHINONの方のレンズがでかく、重く、Sankyoの方を主に使っています。
使っていると言うか、まだぜんぜん使いこなせていませんが。

この記事の前の2記事は、このレンズを使ってみましたが、なんだかうまくいっていませんね。

試写2例。
IMGP5595.jpgIMGP5605.jpg

ピント合わせも難しい。
せっかく買ったので、もっと使いこなしてみせます。
ただ意外なまでに雰囲気がなく、普通な感じですね。フツメンレンズ。

IMG_0391.jpg

使いこなせないレンズばかり。
関連記事
Theme: PENTAX Q | Genre: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する