無印良品パイン材テーブルを靴磨き台に。



靴磨き用にテーブルを買いました。


玄関の冷たい床に腰をおろしてシャカシャカやるのは冬は寒く、夏は暑いので、リビングでできればなと思っていました。

しかし、リビングのテーブルに靴を置くわけにもいかず、都度、床になにか敷くのも面倒くさい。
新聞をとっていないので、敷くものもない。

そこで、折りたたみのテーブルを購入しました。
購入したのは、無印良品のパイン材折りたたみテーブル。
幅80cm×奥行50cm×高さ70cmのものを選びました。

高さ70cmだと、ソファに座りながら作業というわけにはいかない高さですが、立ちながら、または椅子に座りながらでちょうどいい高さ。

他に高さ35cmのものもありますが、それだと床に座りながらということになり、だったら今と変わらないので70cmで。

さっそく作業してみました。

IMGP5320.jpg

うん、微妙に低い。



イメージとしては、こちらの動画のような感じだったのですが、170cmという高身長ゆえ(?)か、微妙にかがみながらの作業になってしまい、腰に微妙な疲れが。
あと10cm高ければなあ。
身長が、でなくテーブルが。

それでも、台に乗せながら磨くのは膝に乗せながらよりもしっかりと固定できるのでブラシ掛けもしやすい。
また、今回購入したテーブルは折りたたみできるので、リビングだけでなく他の部屋へ持ち運んでも作業できる点がいいです。

疲れても椅子をもってくれば座りながら作業できます。

というのは趣旨がちょっと違う気もしますが。


とにかく、これでリビングで大手を振って靴磨きができることが一番大きいです。

価格も税込5,250円と導入しやすいお手頃な価格。
なかなかしっかりした作りです。
持ち運ぶにはちょっと重いですが、折りたたんでしまえば収納場所も困りません。


今回、購入にあたりポウルセンさんのブログの記事を参考にさせていただきました。
my static spiral「靴磨台」

妻になぜテーブルを買うのか説明するにあたり、つまりこういうことだと、的確で必要最小限の言葉で紹介しているこの記事がとても役立ちました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する