シューズラックの提案

線の接地がよりよい靴底環境を作ります。



引っ越しの際に、常に問題になる靴収納問題。
僕もなかな靴を捨てませんが、妻もなかなかモノ持ちがよく、結果、靴箱はぎっしり満員に。
妻はエヴァンゲリオンのような足をしています。形がというかスッと細長く指も長い。
(僕はというといわゆる甲高幅広なのでガンダム足と呼んでいます。それに対してエヴァ足と。)
一般的なよくある日本人の足の形ではないようで、足に合う靴を探すのに苦労するらしく、それ故に靴を大事にしているとか。

備え付けの靴箱は、靴を効率よく収めるため、妻のパンプスやサンダルがメインになり、一部僕のそこまで高さがないブーツや短靴、場所をとる僕のブーツ類は別の棚に置くことになります。

そこで購入したのが、この激安エレクター。
本体は3,000円しなかったと思います。
備え付けの靴棚と玄関の壁の間に空間があり、本来であれば傘立てやコートハンガーを置く場所なのかもしれませんが、サイズを測ってネットで探してみたら誂えたように横幅、奥行きがビッタシのものがあり、購入。
3,000円なら最悪入らなくても諦めがつくと思って購入しましたが、誂えたみてーにキレイに入りました。
(たぶん、どかすと壁紙にキズくらいは入っているかもしれません。)

そんなこのニセモノエレクターの激安ラックですが、偉いのはビッタシキワキワのサイズではありません。
それは、うちの家にしかあてはまりませんからね。

これの偉いところは、靴底が乾きやすいところです。
以前靴棚にしていた木製の棚では、3日くらい置いておいても靴底を見るとまだ濡れていたり、泥、土が乾いなかったり。
これでは、カビの温床になりかねませんし、靴にもよくないかなと思っていました。
また、棚も腐りそうです。

しかし、このラックなら、棚面が面でなく、線での接地となるため、靴底もよく乾きますし、深いソールのミゾに入り込んだ土も2日もすれば乾燥しますので、はたけばポロポロと取れます。
安そうなメッキでしたが、今のところ錆びもありません。

高さも自由に変えられるため、ブーツはもちろん、オプションで棚面を増やせば、短靴にも使えます。
むしろ、レザーソールの短靴を多く持っている人にオススメしたいです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する