FC2ブログ

台風19号に備えて、台風15号の停電のときにこれがあれば、あってよかったと思ったもの|日記



 自宅が千葉県にあるので、前回の台風15号の影響はかなり大きく、ふだんの生活はだいたい元通りですが、職場の業務は通常運行とはいかない中で、今年最強と言われる台風19号の襲来。


 正直、もううんざりです。かんべんしてというのが正直なところ。


 15号のときは自宅は停電などのライフラインの途絶は免れましたが、職場は完全に電気は止まっていて仕事にならないし、自衛隊のお世話にもなりました。


 千葉県は風速40mを超える台風に弱いということがわかり、もうそこは弱いものとしてある程度の被害、不便が発生することを覚悟して、前回の台風15号のときに、あーこれがあったら便利だったなと思ったものを挙げてみます。


生きるのに必要なもの、水分。






 千葉県で長期間、水道が止まった地域というのは実はほとんどないらしく、それでも給水が行われていた理由が、井戸水を自宅のポンプでくみ上げている地域があることです。

 そういう上水道がない地域というのが少なからずあり、そういった地域は停電とともに水も失います。

 上水道があってもある程度の大きさのマンションなどは一度最上階のタンクに水を汲み置くわけですが、停電の時はポンプアップができないので、タンクの分を使い切ったらやはり水道を失うと思うんですよね。


 そうすると、頼るのは自治体や自衛隊による給水になるわけですが、容器を持参してくださいという自治体がけっこうあったように思います。

 自治体によっては数リットルの容器に入れた水を配布するスタイルもあるようですが、いざ給水が始まってみないとどういうスタイルになるのかはわからないと思います。

 各自で容器持参になった場合、数リットルの飲料水を入れることができるきれいな容器なんてなかなかありませんよね。

 洗った2Lペットボトルを何本も持ってきている人が多かったですが、やはり断水が長期間に渡ると、給水を受けるのは毎日の日課になるので面倒くさそうでした。




 そんな中で、こういうタンクを持ってきている人がいて、だんだんとこれを使っている人が増えていったように思います。

 僕も次のときのためにこういうのを買っておこうと思ったら、意外と早く次が来て、今日慌てて注文しようとしたら、もう納期が11月~12月ですよ。

 やはり経験者はみんな同じことを考えるようです。たぶんこの商品の発送先の90%以上は千葉県だと思います。


 そこで今日ジョイフル本田のキャンプ用品売り場に行きましたが、大きな棚が空っぽになっていました。

 ネットも実店舗ももうないのか。そんな中で、どうにかAmazonで数日中には届きそうなのがこれ。




 今日、注文して到着予定日が10月13日。台風の通過の最中か直後くらいでしょうか。

たぶん予定通りには届かないと思いますが、給水が始まるころには届くと祈っています。

 もし今回使わなくても、これならそのうちキャンプとかで使うこともあるでしょう。


 大きな容器もないし、こんなタンクもない場合に、これは考えたなと思ったのが、大きいバケツやたらいのような容器にビニールのゴミ袋をかぶせて水を入れている人もいました


 僕もどうしてもタンクが届かなければ、最終手段はこれかなと思っています。





続いて、前回のときにあってよかったと思ったもの



fc2blog_20191009214847384.jpg


停電したら夜の照明に使う単三電池。何本あっても困らないのでAmazonで48本入りを購入。



さすがに前回同様に2週間以上も停電したらこれでは足りませんが、当面は大丈夫でしょう。

足りなくてもこれを使い切るころにはまた注文できるくらいには復旧しているはず。


あとは先日も記事にしたパナソニックのクリップLEDライト




自分の分はすでにあるので、これは子供たちに持たせるように買いました。

懐中電灯型のLEDライトもありますが、子供が使うには大きかったり、片手がふさがったり意外と不便です。

これなら、手が小さい子供でも懐中電灯のようにも使えるし、衣服のどこかにクリップで留めればヘッドライトのように両手作業にも使えるので便利です。


小さくても意外と明るい。


IMG_4428_convert_20190912055230.jpg


さすがにリビング全体を照らすとかは無理ですが、浴室の脱衣所くらいなら真っ暗でもこのライト1つでここまで明るくなります。

小さいのにハイパワー。


最後に、養生テープです。



 なにに使うのかというと、なんにでも使えます。

窓ガラスの補強から、屋根が傷んだ場合はブルーシートを応急的に留めておくなど、本当になんでも使えます。

(ブルーシートを応急で留めるなら、農業用のPOフィルムなどの補修テープが粘着力最強なので一番いいと思いますが。)


 15号のときには、この養生テープを窓ガラスが割れないように補強するためと、もし割れたときに大きなガラスの破片が飛散しないように、ベランダの窓ガラスのアルミの枠からガラス全体に「米」の字に張りました。

 それで使い切ってしまったので、今日ジョイフル本田に買いに行ったら、やはりすでに棚がからっぽ。

 Amazonで同じものを探したら、やはり納期が10/22~になっています。みんな考えることは同じのようです。



(10/10 10:50追記)

楽天ならまだ10/11到着で注文できるそうです。




 ガムテープでも布テープでもいいのですが、貼った下地の塗装などを傷めず、はがしやすいのが養生テープのいいところで、窓ガラスの補強の用途にはできれば養生テープがいいと思います。





 ジョイフル本田などのホームセンターや、Amazonを見てみると、今回の台風19号に備える千葉県民の15号のトラウマともいえるほどの防災意識の向上ぶりには驚きました。

 たぶん15号のときは、今回と比べたらみんなノーガード戦法だったと思いますよ。


 災害は備えているときほど大したことがないジンクスがあると思っていて、今回は千葉県民の意識の高さで、なんだよけっきょく大したことなかったなと笑えると信じたい、祈りにも似た気持ちでいっぱいです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する