REDWING 8875-7

ソールは、100番、100番



福禄寿にソール交換に出していたRW8875が
帰ってきました。
(⇒交換前はこちら
またシークレットシューズが増えました。

P1040096.jpg


オーダーは、
アウトソール:ビブラムのハニー100番
ミッドソール:シングルミッド
エッジ   :ナチュラル仕上げ

というよくある仕上げです。
しかし、純正のクレープソールからずいぶんイメージ変わります。


P1040098.jpg


WESCO BOSS、WHITE’SのSMOKE JUMPERがあるので
100番ソールばっかりになってしまうのはどうかなーとも考えたんですが、
ハニーだからいっかとこの仕様に。

アウトドア方面に針路を振ると決めたので、靴紐もアウトドア色の強い、
純正のトラ紐に戻しました。

P1040095.jpg

KIWIのウォータープルーフを塗りこんで、
アウトドア色、全開です。


そういえば、後輩が黒のセッターで同じ仕様を
福禄寿でお願いしたときに、サイズが大きく感じると
言っていたのを思い出しました。

確かに、履いて歩いてみたら同じ感覚を持ちました。

純正のクレープソール、ミッドソールから
100番と革のミッドソールに変わり、ソールの返りが
強くなって、足への追従性が下がったことが原因かなと
思います。
靴紐を絞ってもダメなら、インソールで対処します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する