山葡萄のかごバッグ、1年経過|経年変化

fc2blog_20180408065345bf9.jpg

使うことで手の皮脂を吸い、ポリフェノールがどうのこうのして深い色合いに育っていき、ものによっては2世代、3世代と使えるという山葡萄のかごバッグ。

昨年購入してようやく1年経過しました。

購入時の記事

3ヶ月経過

fc2blog_2018040806540591a.jpg 

最初の全面がかさかさとした枯れ木のような感じから、色艶にムラが出て表情がかなり出てきました。

ちまちま手で撫でて皮脂を吸わせるんじゃなく、いっそ植物油にでもドブ漬けすればいいのではないかと思ってしまう短気さを発揮してしまいそうになりますが、たぶんこのちまちまと少しずつ変化することによるムラ感が全体の色の深みに寄与していて、それがかごバッグならではの味わい深い変化につながるのでしょうね。

fc2blog_20180408065444052.jpg 

最も皮脂を吸って摩擦を受ける持ち手の部分はもうツヤッツヤです。

fc2blog_20180408065424f36.jpg 

持ち手の接続部分の傷みが気になります。
たぶん最初に壊れるのはここでしょう。
かごバッグを購入する際には、この持ち手の接続部分の出来をよく見たほうがいいでしょう。


しかし1年でこの程度の変化だと、雑誌で見るような紫が濃くなったような深い味わいのある表情のかごバッグになるまでには本当に2世代、3世代必要かもしれません。

気長に使い続ける必要がありそうです。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する