MAZDA CX-3はZOOM ZOOMそのもの|日記

先日、我が愛車のMAZDA AXELAの5回目の車検を通す決心をし、というか次の車を買う決心ができず、ディーラーに預けた際に、代車として借りたのがこのMAZDA CX-3。
外観はこのグリル画像しかありませんので詳しくはこちらの公式HPを。

正直、見た目とサイズからぜんぜん購入候補にも興味の対象にも入っていなかったのですが、
これが運転席に座ってみた瞬間、

「ZOOM ZOOM...」

とつぶやいてしまったとか。


そして、走らせてみたらもうこれが楽しくて楽しくて。
代車なのに無駄に遠回りして家に帰ってしまいました。

CX-3は同じMAZDAのDEMIOの味付けをクロスオーバーSUVにした、いわゆる狼の皮をかぶった羊でしかないと思っていたのですが、これがまったくの勘違いでした。
加速が僕のアクセラと比較にならないくらいに段違いによい。

それも当然で、通常1300〜1500ccのエンジンが搭載されているDEMIOのシャーシに2000ccのエンジンを積んでいるというのだから、MAZDAやるなーと。

乗っていて楽しい車、ZOOM ZOOMとはこういうものかと、改めてラインナップからワンボックスカーを全面的に廃してスポーツドライブ感覚に全振りしたMAZDAの魅力を感じずにはいられませんでした。


アクセラの車検を通すか迷っていたのは、今、我が家は僕のアクセラと妻のベリーサという同じようなサイズの普通車2台持ちなので、通勤にしか使っていない僕のアクセラは廃車にして、自分の車は完全に道具としての車として、荷物も積み放題で汚れてもぜんぜん構わない貨物車、たとえば商用の軽自スクラムバンでも買って、その浮いた分を、ベリーサの買い替えの際の資金に回して、完全な脚車と大きいファミリーカーという態勢を考えていました。


しかし、このCX-3に乗ってみて、やはり毎日ほぼ通勤にしか使わないとしても、運転していて楽しい車に乗りたいなという気持ちがふつふつと。

そのくらい本当にCX-3はいい車でした。


内装もかなり気持ちを上げてくれる感じのデザインです。
fc2blog_20180407153156976.jpg 
センターにタコメーターがあって、スピードメーターはどこかなと探してみると、メーターフードの上にポップアップのプラ板に反射式のデジタルメーターがありました。
速度をメーターでなく、数字で表示するのは読む時間がコンマ数秒かかるのであまり好きではないのですが、30〜50km/h制限の道路では制限速度を表示してくれるのが便利。
気が付かないうちに30kmや40km/h規制の道路に入っていて、ぱっとおまわりさんが赤い旗を振って飛び出してくるということも避けられます。

あ、そうそう。
たしか一時停止線の前でもアラートの音声があった気がします。
もしかしたら一方通行の道路でもアラートがあるかも。
今の車は便利ですね。

fc2blog_201804071532172f2.jpg 
中級グレードでこの合成皮革の内装なのはいいですね。

fc2blog_2018040715324319f.jpg 
今の車って電源がシガーソケット以外にUSBのコネクタがついているんですね。
これは便利。

fc2blog_201804071533164a4.jpg 
合成皮革と布のコンビ張りのシート。
もう一つ上のグレードだと本革シートになるそうですが、合皮でも雰囲気出ています。
むしろ車のシートの本革は本革である必要性が無い気がするので僕はシートは合皮でもぜんぜんいいです。

fc2blog_201804071533377df.jpg 
出た当初はいろいろ言われていたMAZDA コネクト。
ナビは普通に使えたし、iPhoneとbluetoothで接続出来たり、とても便利でした。
若干、操作が直感的ではないことと、操作のしづらさは感じましたが。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する