フィギュア撮影用にAmazonで撮影ボックスを購入|TOY

フィギュアーツやプラモデルを撮影するにあたり、いつもどこで撮るかが問題になります。
部屋の中で撮ると、生活感が台無しにしてくれる感じがあり、撮影ブースとまではいかなくとも、撮影用のボックスがほしいなと思いつつ、はや数年。
Amazonで試しに購入してみました。


購入したのはHSFEOの折りたたみ式撮影ボックス。
こんなかわいい感じのフェルト製の専用の収納用トートバッグに入っています。


IMGP1144_convert_20180226220705.jpg 

ロゴがいい感じです。
中身を取り出し、さっそく組み立てます。


IMGP1163_convert_20180226221011.jpg


IMGP1147_convert_20180226220736.jpg

側面をスナップボタンで止めて箱型にします。


IMGP1146_convert_20180226220722.jpg

あれ、なにか嫌な予感がします。


IMGP1149_convert_20180226220801.jpg

この撮影ボックスはLED照明付きで、電源ケーブルはどれかなと探してみると、microUSBケーブルが付属していました。


IMGP1148_convert_20180226220748.jpg

microUSB端子なんてどこに指すんだろうかと探してみると。


IMGP1150_convert_20180226220814.jpg

LEDライトの基盤に端子のメス側が直付け。
こんなの初めて見ました。


IMGP1152_-_Edited_convert_20180226220841.jpg

発熱や発火、感電等への対策は大丈夫なのか。
不安になりながらも、接続してみると点灯。
光量はやや弱い感じです。

今回のモデルには、購入したけど記事にしていないS.H.Figuartsの仮面ライダーゴースト闘魂ブースト魂を使用します。

IMGP1155_convert_20180226220903.jpg

PENTAX Qで撮影。
オートで撮影すると光量が足りていない感じです。


IMGP1157_convert_20180226220920.jpg

マニュアルモードで撮影すると、光量不足の問題はどうにかなりますが、これは明るすぎ。
撮影にあたっては設定を細かく吟味する必要あり。
ただ、これはもう調光機能がないので仕方ないし、大した問題ではありません。


IMGP1159_convert_20180226220934.jpg

本当の問題は、これ。
折りたたみ式故かボックス全体が安定せず、特に底面がプカプカしていて、撮影対象が安定しないこと。
底面と背景シートの間に鉄板を入れたら安定するかもしれませんが、これがイラつきます。


IMGP1162_convert_20180226220952.jpg

あ、ちなみに背景シートは白と黒のウレタンシートが各1枚付属しています。
これが凹み跡がつきやすいのがかなり気になります。
黒だとかなり凹み跡が目立ちます。


IMGP1151_convert_20180226220827.jpg

なにこれーと思いつつ、テキトーかんたんすぎる説明書に再度目をとおすと、ボックスを組み立てる際に、紙翼を一回逆側に折ってから組み立てたほうがいいとのこと。
なるほどと試してみると。

IMGP1164_convert_20180226221028.jpg

あ、確かにさっきより安定しました。
それでもまだかなり不安定ですが。

IMGP1165_convert_20180226221042.jpg

底面がプカプカしてフィギュアが倒れることもあまりなくなりました。


IMGP1166_convert_20180226221058.jpg

これによりボックスの側面に隙間ができたのがかなり気になりますが。


IMGP1167_convert_20180226221113.jpg

ちなみにボックス上面に穴があって、ここから追加の照明を当てるのかと思ったら、ここからも撮影できるよーという真上からのアングル用の撮影窓でした。


IMGP1169_convert_20180226221131.jpg

かなり使い慣れないと難しい撮影ボックスを購入してしまいました。
今回購入したのがサイズ「小」で30*30*30なのでフィギュアーツの撮影には小さいというもあるのかもしれません。

ほとんど褒めていませんが、唯一今の時点でいいところを挙げるなら、このバッグがいい感じというくらいです。

残念。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する