FC2ブログ

僕が他人の靴のどこを見ているか|日記


ずばり「かかと」です。
かかとがフィットしているか。

高そうな靴だなあ、いい靴だなあ、普及品だなあというのはなんとなくわかるんですが、それはどうでもいい。
きれいに手入れをしているかというのも最近はあまり気にしない。
もちろんきれいだったら、自分で手入れしているのかな、奥さんが手入れしてくれているのかな、とか想像が膨らんで楽しいからそのほうがいいんですけど。

擦れによって退色しまくっている茶靴を履いている職場のホープは、別にそのことで評価を落としているわけではないし、それでいいならいいんじゃないかなとここ1年くらい思っています。
むしろ、ジーンズの色落ち的な感じで楽しんでいるとしたら、それはそれでありなのかもとも思います。
キアヌ・リーブスもボロボロのブーツ履いているし。

このデザインはないわーとか靴愛好家が嫌がるデザインでも、なぜそのデザインが存在するのか、なぜそれがダメなのかまで説明できないでしょって。

別にノンポリを気取るわけではないんですけど、それでいいならいいじゃんという考えに今は至った感じです。
もちろんそれでダメな環境、階層の人はそれなりの靴を手入れしないとダメですけど。

ただ、そう言いつつもここだけは見るというのがあって、それがかかとが合っているか。

靴ずれを避けるためなのかけっこう余裕ある人が多い気がします。
いい革靴でも、普及品でも。
いい靴なんだよと語っていてもかかとが合ってないと本当の良さはわからないんじゃないかな、スリッパと同じなんじゃないかな、そう思って見てしまいます。

これは短靴を履くようになってから気にし始めた気がします。
ブーツは明らかにデカ履きしていても、かかとが見えませんから。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する