印傳屋 L字ファスナー小銭入れ 爪唐草模様|BUY


新年ということで、2年使ったカタログギフトの印伝の小銭入れを買い替えました。
模様は紺地に白漆で爪唐草模様のタイプ。

カタログギフトの印伝小銭入れ2年2ヶ月経過|経年変化レポ4

まさか自分でも2年も使うことになるとは思いもしませんでした。購入(注文)時の記事はこちら日記|「甲州印傳」の小銭いれ日本伝統、鹿革、漆。男はそんなウンチクに弱いものです。結婚式の引き出物としてもらったカタログギフト。そろそろ決めなきゃいけないなとパラパラとページをめくりながら、めぼしい物もないので缶詰でも頼むかなと思っていたところ、目に飛び込んできた文字。「鹿革」「漆」ん?とページを戻ってみ...


前回はふつうのポーチ型、上辺に一文字にファスナーがあるタイプでしたが、今回はL字ファスナータイプにしてみました。

fc2blog_20180126052318d0e.jpg 
今回のは価格が4,000円くらいとあって、ファスナーは同じYKK製ながら大振りなしっかりしたもの。
どちらがいいということもないのですが、見た目はこちらの方がいいですが、スライダーの動きは前の方がよかったかもしれません。
あとで油か蝋をさして様子をみます。

fc2blog_201801260523422ec.jpg 
中は3室に分かれています。
小銭、免許とPASMOで2室使って、真ん中の1室には初詣のおみくじについていた縁起物の亀と打ち出の小槌を入れています。

fc2blog_20180126052359670.jpg 
外側にもポケットがありますが、今はここは特に使っていません。
PASMOをここに入れることも考えましたが、けっこうはみ出してしまうのと、フタがないので落としてしまいそうなのでやめました。
PASMOは中に入れていてもしっかり反応してくれます。

fc2blog_20180126052419285.jpg 

というわけで、今僕は紺地×黒漆のひょうたん模様の財布と、紺地×白漆の爪唐草の小銭入れのコンビで使っています。
松浦弥太郎氏がお金に困らないコツの一つに「財布は2年ごとに買い換えること」を挙げていましたが、全力買いの高い財布だと2年で交換するのもなかなか厳しいものです。
ですが、財布1万円、小銭入れ4千円程度なら2年交換も予算的にはそこまできつくありません。

逆に、ケツポケしなければ印伝の財布は2年程度ではびくともしないということ。
まだまだピンピンどころかちょうどいい感じに味わいが出始めたところなのに買い替えるのか、というのが悩みになりそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する