ダイソーのマグネットケースは可能性が満載のケース|日記



見た瞬間、これは買うしかないと思い、2個購入。

今年初の買い物です。


さて、マグネットケースというと、工具系の方ではネジやボルトがどこかにいかないように底面にマグネットが貼り付けてあるマグネットトレーを思い出しますが、これは透明窓がある蓋付きのケースです。



fc2blog_20180102011249dd4.jpg 

裏面にマグネットが貼り付けてあり、ネジなどを吸着しておく目的よりも、このケースを鉄製品に貼り付けておくことができます。



fc2blog_20180102011320b3d.jpg 

これは絶対に使えるぞと購入してみると、はて何に使えるのかなと考えてしまいました。


ぱっと思いつくのは、ゴムや押しピンなどの小物を入れておいて、貼り付けておくというもの。

ただ、このケースは貼り付けた状態で開けると中身が溢れるので、中身を取り出すには


剥がす、開ける、取り出す、締める、貼り付ける


という5ステップが必要で、これは面倒くさくてぜったいに一時のブームで終わります。


じゃあ小物を入れないとすると何に使うかというと、ない想像力を働かせるとあとはおしゃれっぽいディスプレイ方面くらいでしょうか。


なんだよ、こう使えっていう話はないのかと憤慨されるかもしれませんが、この商品には可能性があり、可能性があるということがこの商品のいいところなんです。

あとは使う人のアイディアのみ。



fc2blog_20180102011553ee5.jpg 


MSコンバージくらいのフィギュアなら入れることができるくらいの高さ(奥行き)があるため、なにか小さいジオラマを作って詰めたり、何処かで拾ったどんぐりとかを適当に並べて接着剤でとめておいてもいいかもしれません。


あとは今ちょっと思いついたのは、透明窓がポリでできておりカットすることもできるので、上2/3くらいをカットして、置いておくと子どもがいじりがちなエアプランツの置き場にしてもいいかもしれません。

ちょっと高いところに貼り付けておけば子どもの手からも逃れられますし、水やり、日光浴の際の移動は、剥がす、貼るだけなので楽。


それにこれはインスタ映えしそうでしょう。


というわけで試してみました。





前面の窓をナイフで切り取ります。



窓はガラスじゃなくてポリのフィルムなのでかんたんに切れます。
むしろ、かんたんに切れ過ぎて切り過ぎ注意です。


やや波打っているのは揺れる水面をイメージしたということにしましょう。



同じくダイソーで買ったエアプランツを中に入れて完成です。

ところで完成して、さあどこにマグネットで貼り付けようかと探してみると、意外と家の中にはマグネットがつく場所がないことに気がつきました。

探してみたら、冷蔵庫、洗濯機くらい。

アイアンシェルフなんかがあったらよかったのかもしれませんが。

とりあえず日当たりの決して良くない玄関の扉に貼り付けてみました。


うーん、改善の余地あり。

でも、アイディア次第できっともっといい感じになるはず。
繰り返しになりますが、アイディア次第で化ける可能性があることが素晴らしいんです。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する