レノベイティングカラー補修クリームでえぐれキズ補修|三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ22

お気に入りの革靴、三交製靴のラギッドシューズS-3ですが、いつのまにかつま先にえぐれキズがついていました。

fc2blog_20171223153623416.jpg 
1mm弱くらいえぐれて、革の表面がなくなってしまっています。
こうなると黒の靴クリームで手入れをしても補色はされますが、えくぼというかへこみは残ります。

他人はそこまで目が良くないだろうし、まったく気にしていないだろうからいいのですが、やはり自分は気になるので精神衛生上よくありません。

fc2blog_20171223153639ecd.jpg 
ここはいつものサフィールレノベィティングカラー補修クリームで補色しつつ穴埋めします。

このクリームをチューブから指先にちょんととって、傷の部分にトントントンとのせて重ねていく感じで塗っていきます。


fc2blog_20171223160005477.jpg 
乾くまで数分待ちます。
この時点でまだへこみが気になるなら、塗って乾かしてを繰り返すといいでしょう。
乾いたあとは一度乾拭きすると、周囲と光沢が合ってきますが、さらにクリーム等で普通に手入れをすれば、完全にどこを補修したかわからなくなります。

fc2blog_201712231536585bc.jpg 
サフィールのユニバーサルレザーローションで汚れ落とし、黒の靴クリーム、たぶんオールデンのファインブーツクリーム(黒)で手入れをしました。

fc2blog_20171223153713d84.jpg 
ここまで寄っても目立ちません。よーく見るとわかりますけど。

サフィールのレノベィティングカラー補修クリームは、大事に履きたい黒の革靴が何足かある方には、ぜったい1本持っていた方がいいと思いますね。
革靴だけでなく、革の鞄、財布、ベルトなど革製品全般に使えます。
新しく出た靴クリームをつい買ってしまうくらいなら、この補修クリームを買いましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する