FC2ブログ

STAR WARSが青春の傷を抉るから|日記


スターウォーズep.8 最後のジェダイをみてきました。
 まだ公開間もないのでネタバレを避けるために内容には触れませんが、このカイロ・レンに対する苛立ちと憐憫とがないまぜにまった感情は一体なんなのでしょうか。 

私はカイロ・レンだと名乗っているのに、お父さんに「おいベン、戻ってこい」と言われたり。 

上司には、そのマスク何?だっさ!と言われてエレベーターの中でマスク壊して壁パンしたりして大暴れ。 

気になる女の子とLINE的機能でお話しできるようになって、心が触れ合えたと浮かれたり。 

先生的存在には、てかお前らのLINE筒抜けだし笑と言われたり。 

女の子といっしょにフォークダンスを踊って盛り上がっちゃって、結婚しよう的な告白したら、は?無理だし、とフラれ。 

厨二病と青春時代の男の子が女の子に対してしてしまう過ちと勘違いが同居する、10代男子のの化身カイロ・レン(本名ベン・ソロ)の様は、まるで昔の自分のことを見ているようで、時間が塞いでくれた傷を再びグリグリされている気分。 

なんでこんなキャラがダース・ベイダーを継ぐと言っているのか不思議でしょうがないですが、アナキン・スカイウォーカーの孫と言われると、ああなるほど、、、と納得。


映画としては、始めから終わりまで見せ場だらけでどうなる?どうなる?の連続で面白いですよ。
ただ、レイア姫のあのシーンだけは納得がいかない。
どのシーンかはきっと観た人ならわかるはず。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する