FC2ブログ

echo dotと未来がちょっとやってきた|日記



Amazonにecho dotの購入の申請をしてから1ヶ月。

待てども待てども招待メールが届かないから、もうGoogle homeに傾いていたところに、ようやく招待メールが届き、購入できました。


echo dot開封



fc2blog_20171209060747167.jpg 

中身は、echo dot 本体とUSB A-microのケーブル、電源アダプタとちょっとした説明書です。


まず開けてみて最初に思ったのが、電源がmicro USBなのはこの際いいとして、この電源アダプタはFire TVのと同じタイプで、出っ張るから使いづらいんですよね。


iPhoneのAmazon Alexaアプリをダウンロードして、echo dotとwifiで接続、自宅のwifiのパスを入れれば、すぐにecho dotのセットアップは完了です。


置き場に困る


電源ケーブルがあるので、本体の置き場が難しいです。

とにかくケーブルが邪魔です。

声への反応は意外といいので、テーブルの上とかでなくてもいいのですが、まあその辺の床に転がしておくわけにもいきません。



fc2blog_20171209063139577.jpg 

壁掛け用のフック受けなどはないですが、echo dotならこんな感じで壁に取り付けておいてもいいかも。


家はecho以前と以降に分断されるでしょう


「アレクサ、電気を点けて」といったスマートホーム的な使い方は家自体がスマートホームでないとまったく使い物になりません。

照明をすべて対応のものに買い換えればいいのですが、それもすぐには難しい。

そもそも、照明のon/offの大道芸で、おー!だけで終わる技術ではないですから、おそらく、今後のマンションや戸建てはスマートホームに対応しているかいないかが購入のポイントになってくるのではないでしょうか。



電波を飛ばして物理的にボタンを押す装置もあるようですが、照明のスイッチに取り付けるのは、決してスマートな見た目ではない。

やはりスイッチパネル内に収まっているのがスマートでかっこいいですよね。




理想は、映画アイアンマンに出て来るAIアシスタントのジャービス。

あれぐらいになる日もそう遠くないかも。


echoなのかGoogle homeなのかappleのhome podなのか、あるいは別のものかわかりませんが、ちょっと未来を感じたくて買ってみました。

うちではもっぱらBGMを流したり、そのくらいですね。

そのうち、一部の電球を対応のものに換えてもいいかもしれません。



fc2blog_201712090606137d8.jpg 

未来はすぐそこかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する