クリームのベタ塗りはやはりダメかも|SCHNIEDERRIDINGBOOTS JODPHUR BOOTS 6年1ヶ月経過|経年変靴レポ

IMGP1079_convert_20171103154611.jpg


べったり塗りメンテは良くない


先日、クラックが発生しているシュナイダーライディングブーツのジョドファーブーツにべったりとクリームを塗ったら改善するかを試してみました。

調子いいかなーと思っていたのですが、雨の日に履いて帰ってきて驚愕。
IMGP1080_convert_20171103154627.jpg 

終わっている。

ベタ塗り後にかなり乾拭きをしましたが拭き取りきれなかった染み込まなかった余剰のクリームが層状に均されただけで、雨水に濡れることで不均一になってまだら状になってしまったのだろうと予想。

IMGP1081_convert_20171103154639.jpg 

とりあえず表面をきれいにするためにステインリムーバーで拭き取ります。

IMGP1082_convert_20171103154704.jpg 

IMGP1083_convert_20171103154716.jpg

ステインリムーバーで拭き取ったあと、乾拭きをしたらこのとおりリフレッシュしました。

このまま手入れを終わりにしてもいいかなとも思いましたが、このブーツの課題はクラック(ひび割れ)です。
革が硬化してしまっていることが原因と思われるので、つけすぎると革を軟化させてしまうというミンクオイルはどうだろうか、とちょっとだけ塗ってみました。

IMGP1084_convert_20171103154817.jpg 

IMGP1085_convert_20171103154831.jpg

やはり光沢はやや落ちます。
ほんの少量を塗り伸ばしただけなら、ギットギトにはなりませんね。
今回はほんのお試し、今後もミンクオイルでの手入れを継続するかはわかりません。
履いていて調子が良ければ、次回も塗ってみるかもしれません。

IMGP1087_convert_20171103154846.jpg 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する