FC2ブログ

一眼レフ入門|PENTAX K-S2|カメラ



一眼レフカメラ。

見た目に重く、仰々しく。

高級コンデジの性能もすごいので今や写真やカメラに興味がない人に限らず興味がある人ももはや選択しないであろう一眼レフカメラを購入しました。




メーカーは、かねてからの愛機ミラーレス機「ナノ一眼」Qと同じPENTAX。

スマホとのwifi通信は当然として、防水防滴機能、ガラスペンタプリズムによる視野率100%の光学ファインダーの採用など、エントリー機にして中級機の機能を持つというK-S2を選びました。


予算の都合もかなりありました。




あとは見た目。


IMGP0868_convert_20171029012655.jpg 


当初はグレーボディ×オレンジボトムのカラーが気に入って、これしかないと決めていましたがだんだんと、このわかりやすい派手さをまとったカラーを愛し続けられるのか、疑問が。



だんだんと一見真っ黒で地味ながらレンズのグリーンのラインがきらりと光る、このカラーに惹かれて、迷いに迷いましたが、こちらのカラーを購入。

この選択は間違いではなかったはず。



IMGP0869_convert_20171029012708.jpg  


これも今や当たり前のバリアングル液晶もQになく、欲しかった機能。

これを前面に向ければ自撮りモードに切り替わり、自撮り体勢時に押しやすいwifi接続ボタンがシャッターボタンに切り替わります。

これは頭がいい。








fc2blog_20171029012406c63.jpg 


QとK-S2を並べてみると大きさの差は歴然。

18-135mmのキットレンズを収納状態でもこれだけの長さ、大きさの差があります。

重さは5倍くらいあるかもしれません。

こんなでかいカメラ持ち歩くのか!?と不安になりましたが、いつも持ち歩くQと撮るモードのK-S2という、完全な住み分けができるという点ではいいのかもしれません。



敢えて一眼レフカメラを購入したのも、Qの守備範囲と重ならないようにとの思惑もありました。




とりあえず身近なものを撮ってみました。


IMGP0876_convert_20171029012740.jpg 

この花、もう枯らしてしまいました。。。



IMGP0885_convert_20171029012759.jpg 

なかなかきれいな発色。

PENTAXのカメラは木々の緑など自然を撮るときに真価を発揮するそう。

来週あたり紅葉を撮りに行きたいです。


IMGP0873_convert_20171029012725.jpg

望遠は135mmなのでそこまで強くありませんが、なかなか細かく描写されます。

この画像はダウンサイジングしたので潰れちゃっていますが。




まだまだ使いこなせていませんが、これから最近の悪天候で延期に延期を重ねている長男の運動会までにはもう少し使いこなせるようにならないと。





直近の用途的にズームレンズを選びましたが、ゆくゆくは単焦点レンズも欲しいですね。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する