あえてのQとかでなく、つい持って行きたい普通に写るミラーレス一眼なのがPENTAX Qの魅力|日記


このブログの写真はここ数年はほぼこのPENTAXのQで撮っています。
あとはiPhone。上の画像もiPhoneです。

靴の経年変化を綴ることが主な目的のこのブログに載せる写真は高精細の画像の方がいいです。
細かなシワ、革の表面の変化など、直接お見せできないのですから、細かいところまで描画された画像の方がいいに決まっています。
最終的には画像のサイズを縮小して掲載しているのでどんなにいいカメラで撮ってもつぶれてしまう部分はあるのですが。

それでも「いいカメラ」に替えないのは、金銭的な部分もあるのですが、日常的に持ち歩いていられるカメラがこのQだからです。
ブログの画像撮影用にカメラを買うわけにもいかないため、必然的にカメラは日常的に使うものと兼用になります。

日常的に持ち歩くカメラは小さく軽量なほうがいい。
かさばる、大きいカメラは可能な限り持ち歩きたくないんです。
ぶつけたり、落下に神経も使いたくないですし。

コンデジでいいじゃないかという声がありそうですが、コンデジには無い質感がこのQにはあります。
マグネシウム合金製のボディのひやっとした硬質な手触りとサイズよりもちょい重い手応え、またちょっとレトロな外観も使いたい、持ち歩きたいと思わせてくれます。

持ち歩きたいカメラ、それがこのQです。
後継機種のQ10以降は性能は向上していますが、軽量化のためにボディが樹脂製になったのが残念です。

いい写真を撮るためにカメラ、レンズの性能は必須ではない。センスのみが必須である。

これは昨今、世界の中心のひとつになりつつあるインスタグラムにも顕著で、高解像度の画像が多くの「いいね!」を集めるわけではなく、多少画像は荒くともいいね!と思える写真が集めます。
さらに一歩踏み込んだ若い人たちの間では敢えて粒子の荒いフィルムカメラで撮った画像を取り込んでいるそう。
まさに画像のきれいさはいい写真の必須条件ではない一例と言えます。

でも実際、Qでどのくらいの画像が撮れるのか、そこは気になるところかと思います。
前フリが長すぎました。

実家に帰った際に30分くらい散歩をしたときの画像を挙げてみます。

IMGP0830_convert_20170929180951.jpg 

IMGP0831_convert_20170929181003.jpg

IMGP0833_convert_20170929181019.jpg

IMGP0835_convert_20170929181032.jpg

IMGP0840_-_Edited_convert_20170929181045.jpg

IMGP0843_convert_20170929181059.jpg

IMGP0846_convert_20170929181116.jpg

すっと出してオートでパシャッと撮ってます。
センスのかけらもないじゃないかというツッコミはご容赦いただくとして、この持ち歩きしやすさ全振りのナノ一眼サイズのカメラでもこれくらいの画像が撮れるということで参考に。

画像が多少あれでも、それを差し引いて、この持ち歩きしやすさは利点しかないです。

なぜ急にまたQの記事を書いたかというと新しいカメラを買ったからでして。
それはまたそのうち記事にします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する