iPhone X=仮面ライダーディケイド説。僕はWの登場を待つ|iPhone



iPhone8、iPhone Xの発売が発表されましたがどうにもときめかないのはなぜか。


チップがパワーアップしているのは新製品だから当然として、新機能としては、

Retinaや有機ELのきれいなディスプレイ、ワイヤレス充電、Xは顔認証、ホームボタンの廃止。


AppleのiPhoneとしては初ですが、これらは新しい発明ではなく、過去にandroidのスマートフォンに搭載されているものです。


過去のandroidができたことはだいたいできる。

それらの機能の一部は主流になることなく消えていきましたが、Apple的な答え合わせをしたiPhone。


悪く言えば、これまで登場したスマホの機能の総決算、いわば在庫棚卸し。


それがiPhone Xに対する僕の印象です。


過去の機能はすべて使える。仮面ライダーで言えば、仮面ライダーディケイドです。


平成仮面ライダー10周年の仮面ライダーの総決算として、それまでの平成仮面ライダーすべてに変身でき、その能力も使える仮面ライダーディケイドが、それぞれの仮面ライダーの物語をリ・イマジネーションした世界を旅する物語です。


今までのandroidの機能をApple流に解釈、リ・イマジネーションし、全部載せしたiPhoneX。

共通点があるように思うのは僕だけでしょうか。


そして奇しくもiPhone Xはnext decade(ディケイド)の扉を開くものとして発表されました。


仮面ライダーディケイドの全変身、全機能使えるというのは一見すごいのですが、では11年目の仮面ライダーWの機能はどうかというとそれは使えないんです。



iPhoneXも同じ。

新しい発明がされた時点で過去のものとなります。



なんでもできる、その「なんでも」はすべて過去のものなんです。


次の扉の先に進むものではなく、扉の手前でここは俺にまかせてお前らは先にいけ!と、自爆して散る役目。


まだ使いこなせてもいない、使い切れてもいないiPhone7 Plusを買い替えてまで僕が欲しいのは、新しい試み、新しい発明、つまり仮面ライダーWです。


ファンである僕の目から見ても停滞ぎみだった平成仮面ライダー1期、その停滞を打ち破ったのはディケイドであったかというとそうではなく、むしろ停滞を象徴していたように感じます。

切り開いたのは仮面ライダーW。

最近、続編がスピリッツで漫画化されたことからもその存在の大きさがわかります。


僕は仮面ライダーWとなるiPhoneの登場を、それがどんなに実験的だろうとじっと待ちます。


たとえば、ワイヤレス充電が電子レンジでできるとか。(それは永遠にないでしょうが)



まあiphoneはもともとその登場以外に実験的なことはしていませんけどね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する