埼玉旅行なら小江戸川越、長瀞ラフティング|日記


先日、職場の同期と埼玉へ一泊二日の旅行に行ってきました。


当初は仙台に行ってジョジョ展を見てくるつもりだったのですが、予算の都合上、近場にしようということで、埼玉県でラフテイングをすることに。


急遽変更したため、ラフティング以外の目的がないので埼玉在住の後輩に、埼玉旅行といえばどこ?と聞くと、小江戸川越と長瀞ラフティングという回答があり、初日に川越、2日目が長瀞。

宿は大宮が安かったので川越→大宮一泊→秩父→長瀞というコースで決定しました。





川越は昔からの蔵造りの街並みを残している一角があります。

IMGP0722_-_Edited_convert_20170911064818.jpg 

このような時の経過の重厚感あふれるお店が通常営業しています。



IMGP0732_-_Edited_convert_20170911064855.jpg

雰囲気ありますね。

この右側のお店は食器のお店で、もっとじっくり見たかった。



IMGP0726_convert_20170911064830.jpg 

時の鐘。

意外とうまく写真を撮るのがむずかしいです。

単焦点レンズでは無理かも。



IMGP0741_convert_20170911064936.jpg 

どこかに浴衣の貸出着付けをしてくれるお店があるようで、浴衣美人たちがたくさん。


そういえば小江戸といえばコエドビールを飲み忘れましたね。残念。



IMGP0735_convert_20170911064908.jpg 人力車もあります。


街並みを見て周るのも楽しいですが、意外とお店が多く、ひとつひとつじっくり見て回ったら、半日ではとても足らなそうです。

今回のメンバーはあまり興味がなさそうだったのと、雨が降っていたため1時間ちょっとくらいで小江戸散策は終わりにしました。


ただ一つ残念だなと思ったのは、意外と車の往来が多いんです。


IMGP0730_convert_20170911064843.jpg 

歩道が狭く、また今回雨だったので傘をさしていたのもあり、車の往来がよけいに気になりました。

平日に行ったからなのか、休日は観光客の車でもっと増えるのかわかりませんが、ここが歩行者天国だったらのんびり散策できていいですね。

次はひとりで来てぶらぶらと散策したい街でした。



fc2blog_2017091106571359a.jpg 

川越はうなぎが有名らしく昼食はうなぎ。

僕の地元もうなぎは有名なんですが、以前三郷で食べたうなぎも、今回食べた川越のうなぎもやわらかでおいしい。

埼玉と千葉のうなぎ、甲乙つけがたいですね。

当たり前ですが、お店で食べるうなぎはスーパーで売っているのとはやはり違います。身がほくほくとやわらかいです。




そのあとはホテルをとった大宮へ。


IMGP0742_convert_20170911064953.jpg 

大宮散策してみましたが、都会です。

駅の反対側に行こうと駅を通過しましたが反対口が遠すぎ。

埼玉県と千葉県ってどこか水面下で競っているところがあると思うのですが、大宮ほど栄えている街は千葉県にはないんじゃないかなと思います。


悔しいですが、さいたまスーパーアリーナの迫力は幕張メッセを超えていました。



悪い点を挙げると、歩いてると居酒屋のキャッチの人の多さに辟易しました。
ここまでキャッチが多い街は千葉にはないです。それも都会だからだと言われると、じゃあ都会じゃなくていいやと思うんですが。

とりあえず対策として、グループだと思われると声をかけられるので、それぞれ数メートルの間隔を保って歩いていると声をかけられづらいので、お試しください。




fc2blog_201709110658387d9.jpg

明けて翌朝。大宮から秩父、長瀞に移動です。

早朝、二日酔いの腹を抱えてジョギングに行きましたが、ポツポツと雨も降っており、あいにくの天候。

天気予報も1日曇り/雨でどうかなーと思っていましたが。


fc2blog_201709110659215c5.jpg 


秩父に着くとからっと晴天。
秩父といえばの野さかの味噌ぶた丼をいただきました。

男なら特盛!と煽られましたが、この後の予定も考え、並盛です。

並盛と特盛は味は変わらず、量が2倍なだけだそうです。価格は1.5倍くらいだったので、量が食べられる人にはお得。
僕は並盛で大満足でした。
そこから長瀞町にちょっと移動。
僕は埼玉の地理がまったくわからないので知りませんでしたが、秩父市長瀞ではなく、長瀞町なんですね。
秩父に旅行に行くと人に言うと、長瀞?とよく言われたので秩父市の一部だと思っていました。

今回ラフティングを楽しませてもったのは、ラフティングセンター長瀞さんです。

画像のとおり、大迫力のラフティングを楽しめました。
インストラクターさんたちがみんなマッチョで、筋トレ熱が再燃。
どんな筋トレをしているのか質問したら、ラフティングしたりしていると自然とこうなる、とのことで、それはこの旅行の翌々日にまで響いた筋肉痛から実感。
子供のころから水場での遊びは危険だからと両親に距離を置かれていましたが、やはり危険な遊びは楽しいんですよね。
でも、インストラクターさんの言葉で、こういう遊びは道具を買えば始められるけど、道具だけ買ってとりあえず始めてみようという人は死ぬ、というのがかなり胸にズンと刺さりました。
熟練のインストラクターさんたちがついてくれている中で、僕ら素人が遊ばせてもらっているわけで、よーしじゃあ次は1人なり仲間内だけでやってみるぞーなんて調子に乗ったら、夕方のニュースになってしまいますね。
またラフティングに限らず、とりあえず道具を買って始めてみて挫折ってのは僕はやりがちなので。


総じて今回の旅行も楽しかったです。

昨年の茨城に続き近場の旅行でどうかなあと思っていましたが。


川越は今度1人でゆっくり来たいです。

器のお店をまた見たいのと菓子屋街を見逃したことにあとで気がついたので。

長瀞は子供がもうちょっと大きくなったらラフティングをいっしょにやりたいですね。

どういう反応をするか、たぶん怖がりそうです。


とりあえず次は予定のないひとり旅がしたいです。

IMGP0745_-_Edited_convert_20170911070401.jpg 
今回の旅行のお供靴は先日イトーヨーカドーで買ったgood dayのキャンバススリッポン。
旅行に行くときは履きなれた靴の方がいいのは小学校の遠足からのお約束ですが、それでも履いていきたいくらい気に入っています。


・・・ところであとで文を読み直していて川越と越谷の区別がついていない自分に気が付きました。
名前も似ていますからねと言い訳。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する