ペッカリーの補色|marelli 6073|経年変靴レポ1


ペッカリーのおじさんローファー。

するっと履けるローファーは便利でけっこう履いています。



fc2blog_20170825095850d95.jpg 



fc2blog_20170825095809598.jpg 


ただ、気になるのがつま先の削れ。

つま先の削れと言っても、ソールではなくアッパーのつま先の削れです。



IMGP0655_convert_20170825093634.jpg 

おそらくソールが薄く、屈曲性が高いのでつま先が接地することがあるんでしょうね。

今回は、このつま先部分の補色ができるのか、補色を主目的にした手入れを行います。



IMGP0660_convert_20170825093647.jpg 

汚れ落とし・保革 サフィールユニバーサルレザーローション

保革・補色    タピール レーダーフレーゲクリーム(茶)



IMGP0653_convert_20170825093622.jpg 

手入れ前。ちょっと乾燥した感じがあります。

レザーローションで表面の汚れを拭き取りながら、保革。

少しおいてから豚毛ブラシでブラッシング。



IMGP0661_convert_20170825093659.jpg IMGP0662_convert_20170825093712.jpg

光沢が出ました。

補色しないのであればここで終わりでも十分なくらいです。

しっとりしたからか、やや傷が目立たなくなりましたが、まだ傷の補色は十分ではありません。

レーダーフレーゲクリームを少量、布に取り全体に塗り広げます。

少し置いたあと、豚毛ブラシでブラッシング、そのあと乾拭きで完了です。


IMGP0663_convert_20170825093724.jpg 


IMGP0664_convert_20170825093738.jpg



アッパーの光沢は大して変わりませんが。



IMGP0665_convert_20170825093750.jpg

つま先の補色はばっちり完璧です。


ただ、補色はあくまで補色。削れてしまった分は戻らないので、いつか靴下のようにつま先に穴が空いてしまう日がくるんでしょうか。


ソールにラバーを貼ったらいくらか違うのか、でもそうすると今の軽く柔らかい履き心地が損なわれてしまいそう。


悩みます。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する