手入れがたのしい|MAKERS V TIP BLUCHER |経年変靴レポ8



次男誕生記念(にかこつけて購入した)のMAKERSのコードバンVチップも1年と3ヶ月くらいが経過しました。

次男もすくすく成長し、ようやく立てるようになり、1、2歩歩くようになりました。


そして、この靴も1年3ヶ月でそれなりの変化を見せました。



IMGP0628_convert_20170814121206.jpg 

角が立った新品然とした様子もなくなってきて、アッパーの光沢が一様ではなく場所によって強弱がついて、熟れてきた感があります。


今回の手入れは、以前と同様。


IMGP0627_convert_20170814121153.jpg 

汚れ落とし・保革 サフィールユニバーサルレザーローション

保革       サフィールノワール クレム1925(無色)




IMGP0622_convert_20170814121114.jpg 


かっさ弾丸棒を今回も使っています。



IMGP0623_convert_20170814121129.jpg 

クレム1925を塗ってからかっさ弾丸棒でゴシゴシと擦るとこのように光沢が無いマットな状態になります。

大丈夫かな?とちょっと心配になりますが、馬毛ブラシでブラッシング。


IMGP0625_convert_20170814121140.jpg 

弾丸棒で擦ると斑点状の水滴の跡がきれいに消え、雲が晴れるようにパアッと光沢が出るのがきもちいいです。

怖くて試したことはありませんが、ふつうのカーフ革ではこうはならない(傷がつくだけ)と思いますから、コードバンとカーフはやはりぜんぜん違う革なんですね。


IMGP0630_convert_20170814121220.jpg


コードバン靴の手入れをする際に、「擦る」という作業は必ず必要というわけではないと思っていましたが、かっさ弾丸棒を導入して、考えが改まりました。

この一手間の効果は大きいです。


ただ、最近は6cm長のかっさ弾丸棒が僕の手にはどうにも一回り小さい気がして作業性の悪さを感じてきました。

あと1、2cm長いとちょうどいい。

そうすると8cmという長さのアビィレザースティックはちょうどいい大きさなのかもしれませんね。

でもやはりあの値段は二の足を踏みます。



水牛の角でできたティースプーンが1,000円くらいで売っているんですが、あれはどうなのかなあと気になっています。

金属スプーンで擦る派の人もいるそうですが、うっかりガツッとやってしまった際の当たりが金属スプーンよりもゆるそうなのと、長さもあるので作業がしやすそうで、かっさ棒に代わるか次ぐアビィ代用品になるのではないか。

そのうち試してみるかもしれません。

代用品を試しているうちに、その値段全部足したら本物が買えたじゃん、ということだけは避けたいところ。
関連記事

コメント

No title

いつも楽しく拝見しております。

かっさ棒、アビーよりお手頃で僕も愛用しています!
6cmでは小さいということですがメーカー側も目を付けたのか、後から8cmのタイプも作ったみたいです。参考に楽天のURL貼っておきますのでもしご興味あれば!
https://item.rakuten.co.jp/taiwan-asei/asei161211-48/

2017/08/22 (Tue) 21:09 | sikky #- | URL | 編集
Re: No title

sikkyさん
コメントと情報ありがとうございます。

おおっ、これは。ほぼ完全ポコピーじゃないですか。
2cm長くなった分、価格も倍近く高くなっていますね。
たぶん売れているんだと思いますよ。

> いつも楽しく拝見しております。
>
> かっさ棒、アビーよりお手頃で僕も愛用しています!
> 6cmでは小さいということですがメーカー側も目を付けたのか、後から8cmのタイプも作ったみたいです。参考に楽天のURL貼っておきますのでもしご興味あれば!
> https://item.rakuten.co.jp/taiwan-asei/asei161211-48/

2017/08/26 (Sat) 06:44 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する