ポケモンGOパークでのバッテリー問題を解決する|日記


バッテリーもケーブルもここに行けば買えました。

ポケモンGOパークは国内初のポケモンGO!のリアルイベント。
横浜市みなとみらい地区一帯が巨大な狩場となって、一狩り行こうぜ!と(違う)関東全域から平均年齢高めのポケモントレーナーたちが集まって、神奈川県警お膝元の街中を歩きスマホしながら歩くという運営の苦労が血とともににじみ出ていそうなイベントです。(今月15日まで開催

国外でしか捕まえられないポケモン、バリヤードがこの期間中赤レンガ倉庫周辺のみに出現するということで、僕の職場のトレーナーたちは木曜日の仕事上がりのあいさつが、「じゃあ横浜で!」だったくらい1年以上もポケモンGO!をプレイしている物好きトレーナーたちの胸を熱くさせています。

今回はスマホのバッテリーを異常に喰いまくるポケモンGO!を丸一日起動して歩きっぱなしということを考え、手荷物は必要最低限に。
IMGP0644_convert_20170813131801.jpg 
1.モバイルバッテリー×2
  • ANKER Astro E1 (容量5200mAh)
  • LEPLUS  LP-MBY78 (容量7800mAh)
2.ライトニングケーブル1.0m
3.ドラクエ11のすれ違い通信を期待して2DSLL
4.財布
全部ボディバッグに収まる量です。

モバイルバッテリーはこれだけあれば1日(僕は開始午前11時で終了19時です)は余裕がありました。
バッテリーの持ちはスマホにもよるのでなんとも言えませんが、iPhone7Plus(128GB)だとLEPLUSの7800mAhを空になるまで使い切ってまだANKERが控えている感じです。

モバイルバッテリーの方は不安はなかったのですが、たまたま持って行ったライトニングケーブルが接触不良か断線気味のもので、挿しても充電されず抜き差ししているとそのうち開始するという心配な状態。
案の定、夕方には完全に逝ってしまい、モバイルバッテリーは十分残っているのに充電不可の状態になりました。
でも、くそー!俺はぜったいに諦めない!とサトシのように猛り狂ってケーブルを探すことに。

まずコンビニへ。
会場の近くのコンビニを5件くらい回ってみましたが、やはりライトニングケーブルもバッテリーも売り切れ。
どこもコンセントや車のシガーソケットからの充電器が1、2個程度でした。
コンビニは周るだけ無駄です。

ではどこか。
会場から見えるショッピングモール横浜ワールドポーターズです。


   端子\店    ヴィレッジヴァンガード ゲインガレージ seria(100均)
ライトニングケーブル     ○           ○       ☓
マイクロUSB         ○           ○      ○
タイプC              ☓            ○       ☓      

とりあえずアクセサリ専門のゲインガレージに行けばケーブルもモバイルバッテリーも全部あります。
モバイルバッテリーが空になった場合もこのお店でいいかもしれません。(購入したばかりのものは半分程度しか充電されていないですが)
1回100円(時間不明)でスマホ本体の充電もさせてくれるようです。

十分な量のモバイルバッテリーは用意しても、ケーブルの予備は用意しない人が多いと思いますが、思いもよらないアクシデントは起こるもの。
特にライトニングケーブルは耐久性に難ありと定評がありますから、予備を1本加えてバッテリー×2、ケーブル×2の体制で臨むのが一流のトレーナーと言えるかもしれません。
それでも対処しきれない(電池関係の)事態には、これらのお店をうまく活用して、ポケモンGOパークを楽しんでください。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する