超像可動53.東方定助(ジョジョの奇妙な冒険第8部ジョジョリオン)|TOY


超像可動にとうとう手を出してしまったァァァーッ!

超像可動は、いつも買っているバンダイのS.H.フィギュアーツと違い、メディコスというメーカーの製品です。
S.H.フィギュアーツに比べたらきっとたいしたことないんだろうと思っていたのですが、いやいや、これはすごいです。

実は仮面ライダーとかヒーローもののフィギュアってカチッとした形が決まっているのでフィギュアにしやすいんですよね。
すでに撮影用のスーツがあるので形にしやすい。
それに対してこの漫画やアニメのキャラ、人物をフィギュアにすると問題になるのが衣服の表現。
GIジョーのように裸に服を着させるドールタイプではなく、服を着た状態でそのままフィギュアにすると、衣服をどう表現するかが問題になります。
fc2blog_20170725062957b9c.jpg 
サザエさんのような画なら大変ではないかもしれませんが、ジョジョのように衣服までシワがついていたり、たなびいていたり、細かく表情をつけて描写されていると難しい。
さらにそれを可動させるとなると、いろいろなポーズをつけたときに違和感がないように絶妙なバランスが要求されます。
そのハードルをこの超像可動は、まだこの定助しか持っていませんが、かなり高いレベルでクリアしています。

fc2blog_2017072506301325e.jpg 
顔の造形は漫画のちょっととぼけた少年の面影を残した青年という感じの定助の顔を見事に表現しています。
服もかなり再現度が高い。
肩の星型のアザまで再現されています。

ポーズはかなりグリグリつけられます。
fc2blog_201707250630395a6.jpg 
座って遠くを見るイメージビジュアルのポーズ。
僕はこのポーズが一番すきです。
fc2blog_20170725063056a9e.jpg
手首パーツやパカパカの携帯などの小物も付属しています。
ジョジョリオンはけっこう携帯電話で話しながら走っているシーンが多いんですが、それも再現できます。
fc2blog_20170725063127360.jpg 
シャポン玉を飛ばす手首パーツ。
ソフト&ウェットも欲しくなってしまいます。
デザイン的にはキラークイーンのほうが好きなんですが。

fc2blog_2017072506311253a.jpg
口を開いた叫び顔パーツもあります。
ヒザ下のロールもかなりあるので、人間にできるポーズで出来ないポーズはほぼないでしょう。

fc2blog_2017072506321115b.jpg 
専用のスタンドもついています。
スタンドと言ってもスタンドではなくてディスプレイ用のスタンドです。
今はこのポーズで飾っています。

造形、彩色、可動。
全てにおいてかなり高いレベルで再現されていて、これが4,000円程度で買えるのはすごいですね。
ちょっと集めてしまいそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する