山葡萄のかごバッグ、3ヶ月経過|経年変化


IMGP0586_convert_20170719151239.jpg 



今年の4月に買った山葡萄のかごバッグ。

使ううちに手の皮脂と樹皮に含まれるポリフェノールにより、深い紫色に変化していくそう。

ただ、良い物であれば3世代100年使用が可能という代物なので、経年変化はそうやすやすといくものではないようで、じっくりと使って色を深めていく必要があるそう。

ひさびさに購入したときの記事を見たら、けっこう変化しているように見えたので、使い始めて3ヶ月が経過したこのタイミングで一度報告。







IMGP0200_convert_20170407011302.jpg 

購入時(2017年4月9日)



IMGP0583_convert_20170719151209.jpg 

3ヶ月経過(2017年7月19日)






IMGP0584_convert_20170719151223.jpg 

白っぽくカサカサに乾いた質感だったのが、色が濃くなり表面に光沢も出てきました。



IMGP0587_-_Edited_convert_20170719151259.jpg 

持ち手の部分もつややかになってきました。


3ヶ月というまだまだ短い期間ですが、これだけの変化が出るのはうれしい反面、このペースだと3世代は当然無理としても、2世代も厳しいかなという気もします。


また、この色味の変化がすべて僕の皮脂によるものかと思うと、バッグの形をしたあぶらとり紙という気もしてきて、僕がこれを使えなく(使わなく)なったあとに託された人も、そうか僕の皮脂の染み込んだものかあと考えると使ってくれるものなのだろうかという疑問も湧いてきます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する