最寄りの修理屋さんでmarelliのかかとの剥がれの修理|日記


中古の靴を買う上で注意と言うか覚悟しなければならないのは、故障。
買ってすぐに不具合が出るのは中古靴で誰かが手放したものなのだから当然です。
新古品みたいなのを狙っても、こういうことはあります。

IMGP0484_convert_20170611063231.jpg 

先日購入したmarelliのローファー。
気がついたら、かかとのゴムの部分がはがれていました。

IMGP0483_convert_20170611063217.jpg 

ゴムの厚みは十分あるので、再接着してもらうために最寄りの靴修理屋さんへ。
このお店にお願いするのは2回目。
納得の仕上がりを工賃安く、その場でしてくれます。

状況を見てもらうと、この靴のかかとは周りに革が巻いてあるけどもベースがプラスチックで、そこに接着剤と釘で留めてあるからゴムが取れやすい。ベースから換えれば剥がれにくくできるとのこと。

今回は、とりあえず様子見で剥がれたゴムの再接着でお願いしました。

IMGP0486_convert_20170611063307.jpg 
仕上がり。
浮き等なく、ぴっちりと接着されています。

IMGP0487_convert_20170611063319.jpg
剥がれ対策の釘も打ち直してくれていました。
修理前は、前の2本だけでしたが、後ろにも1本追加で。

IMGP0488_convert_20170611063331.jpg

あと、かかとのベースに貼り付けてあった革の端が剥がれてちょっとペロペロしていた部分も接着剤で貼り付けてくれていました。
あと、ゴムの角の部分を削ってくれています。

ただ接着し直すだけでなく、細かい部分まで補修してくれて修理費650円(くらい)で作業時間30分。
安い。

有名靴修理店での修理もいいんですが、たまの外食、ごちそうという感じで、こういう近場でちょっとした修理をすぐにしてくれる修理店が日本の靴修理を担っているんですよね。
オールソール交換はどうしようか悩みますが、こういうちょっとした修理には本当に助かります。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する