男のストール|日記

夏の暑さも忍び寄ってきていますが、最近ストールを買いました。

日中は汗ばむ陽気でも朝夕は肌寒い時期。
上着を持って歩くのは手間なので、ストールが1枚あったら便利だろうから。
というのもありますが、さらっとTシャツとかGジャンに巻いてたり羽織っていたりしたらかっこいいかなと思って。
まず無印良品の紺のオーガニックコットン2重ガーゼストールを購入。
これを購入したら、とたんに夏日になってどうしようかと思いましたが、寒の戻りに一安心。
そうしたら、また新たにいいなと思うストールを発見し、購入。
IMGP0360_convert_20170520011701.jpg 
緑のコットンストール。
これは無印のものよりもしっかりとした織りで、たとえば女の子と公園でデートした際に、ちょっと芝生に座って談笑したりする際に、さっと外してレジャーシート代わりに敷くことができそうな感じ。
IMGP0359_convert_20170520011720.jpg 
シサムコウボウのフェアトレード商品で、手織り、草木染めのものだそう。

IMGP0361_convert_20170520013657.jpg 
この色なら秋冬でも使えそうです。

こういうストールや、ハット、サングラスなどの服飾小物は、冬場のマフラー、手袋と違って、実用性よりもファッション性が高いので、どうしてもオシャレで着けてます!という感が出ると途端にかっこ悪い感じになりますね。

あくまでさらっと自然に。
ハットを被ったら、ストールはやめておく。ストールを羽織るならハットはやめておくとか、フルアーマー状態になるのは避けるのが一つのコツかなと思っているのですが、どうにもそれだけではうまくいかず、僕がストールを巻くと漂う農家っぽさ。

明日からまた夏日。
秋冬に向けて家で自然なストールの着け方、巻き方を練習しましょうかね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する