冬物をしまう前に毛玉処理。TESCOMの毛玉クリーナーが強力すぎる|日記

ここ数日、一気に暖かく、むしろ初夏の暑さで、もう「また急に寒さが戻ってくるかもしれないから」とクローゼットに残していた冬物をしまうのを先送りにする理由を奪われて、この連休で一気に片付けた人も多いと思います。

冬物のセーターやニットといえば、しまう前に見て見ぬふりをしてしまうのが毛玉。
そっとしまって目をそらした毛玉だらけのニット、セーター。
次に目にするときに、毛玉だらけのその姿を見たら、そのままゴミ袋に直行してしまうかもしれません。

そんな毛玉にTESCOMの毛玉クリーナーがおすすめです。
昨年末に購入し、5ヶ月くらい使いましたがこれはいいです。

IMGP0326_convert_20170506155337.jpg 
まず、毛玉クリーナーは電池式のものが多いですが、コンセントから電源を取るタイプ。
常にフルパワー。電池の電圧が下がってきてパワーが落ちる煩わしさがありません。

IMGP0320_convert_20170506155253.jpg 
残したい毛足の長さはこのダイヤルで調整。

IMGP0323_convert_20170506155305.jpg 
「高」が毛足長めのおしゃれボウズ。
IMGP0324_convert_20170506155321.jpg
「低」が毛足短めの少林寺五厘刈りです。

この7年もののGAPのローゲージのセーターで試してみました。

BEFORE

IMG_2058_convert_20170506155006.jpg 


IMG_2059_convert_20170506155045.jpg 

IMG_2060_convert_20170506155102.jpg 
柄が細かいから目立ちづらいですが、頑固な毛玉がたくさん。

IMG_2061_convert_20170506155116.jpg 
裏側なんて、よく見ると、うわぁーとそのままゴミ箱に入れたくなるくらい。

AFTER

IMG_2062_convert_20170506155132.jpg 
IMG_2064_convert_20170506155200.jpg
IMG_2063_convert_20170506155146.jpg
5分くらいウィーンとやったらこのとおり、毛玉スッキリ。

IMG_2066_convert_20170506155213.jpg 
こんなに削り取れました。
なかなか爽快なんですが、セーターからこれだけの毛が減ったということを考えると、
セーターが痩せてしまうのでは?と、ちょっと心配になりますね。

この毛玉クリーナーの欠点を挙げるならば、とにかく強力であること。
こちらの記事(→http://imzkmc.blog60.fc2.com/blog-entry-1241.html)のカシミヤニットもこの毛玉クリーナーを使ったんですが。
IMGP0127_convert_20170312132448.jpg 
向かって右がこの毛玉クリーナーを使ったあとで、左が使っていない状態です。
カシミヤなどのふわふわとした風合いが特徴のニットには強力すぎて向かないかもしれません。
確か「高」で刈ったはずなんですが、この根こそぎ具合ですから。

ですが、ふつうのウールのニットやセーター、ブルゾンのリブ部分、靴下など毛玉があると思い切り貧乏臭くなる部分は、この毛玉クリーナーが大活躍です。

価格はオープン価格ですが、ヨドコムで2,400円程度。
電池式のものよりもちょっと高いですが、電池代を考えるとあっという間にペイできます。
関連記事