自宅のフロアコーティング、いつやるべきか|日記


フロアコーティングは、戸建てやマンションを購入するときにオプションでどうするか悩む人が多いと思います。
僕も悩んだ末、購入時にはオプションでは付けなかったのですが、けっきょく入居後5年でコーティングを業者に依頼しました。

そもそもフロアコーティングをするのはなぜか

コーティングの種類にもよりますが、これはもう床材の保護のためです。
床材は、主に木製が多いですね。
今の分譲マンションのほとんどの床材は、ただの木材の組み合わせではなく、防音性の高いクッション性のある素材に薄い木材が貼り合わさったパネルです。
これだとふつうの木材の組み合わせの床よりも、安っぽい感じにはなりますが、防音性、保温性、クッション性が高くなり、また床暖房の効率もよくなる。

いいこと尽くめと思いきや、耐久性には難があります。
木材部分が薄いため、水濡れ、乾燥等による劣化が早く、反りや剥がれ、浮きが入居から10年目あたりから現れ始めます。
木製の床は、引き渡しの瞬間から劣化が始まりますが、コーティングはその劣化を遅らせる、種類によっては限りなくストップに近い状態にさせることができるそうです。
特に床暖房の入った床材の張替えは床暖房の配管からやり直しが必要になるので高額になるため、フロアコーティングをした方が結果的には安くなることが多いそうです。

その効果のほどは、コーティングの種類によって違います。

コーティングの種類

コーティングにもいろいろ種類があります。
僕が今のマンションを購入したときに提示されたのは、ガラスコーティングとUVコーティングの2つで、今はこの2つが主流のようです。

○ガラスコーティング
(利点)
・10年以上の耐久性がある
・キズに強い
・つや消し仕上げも可
(難点)
・施工に時間がちょっとかかる
・衝撃でコーティング面が割れる
・部分的な補修ができない
・施工費はワックス等に比べると高い

○UVコーティング
(利点)
・20年以上の耐久性がある
・キズに強い
・UVランプで硬化させるので施工が早い
・部分補修が可能
(難点)
・衝撃で白化(白く濁る)する
・専用の機械が必要なので施工できる業者が限られるため、着工待ち時間がかかる場合がある

※業者さんの説明の覚えている部分のみなので、実際には利点、難点がもっとあるかもしれません。

どのコーティングを選ぶかはもうそれぞれの考え方次第です。
ホームセンター等で売っている一般的なフロアワックスもフロアコーティングの一種ですが、年数回、定期的にワックス剥がし、ワックスがけをできるならそれでもOKだそう。
コスト的にはこれが一番安いですが、なにせ手間がかかります。
靴磨きは定期的にできても、床磨きは家具移動からなにからもう手間が1,000倍くらいかかりそう。現実的ではない気がします。
どれを選ぶかは費用と工期と仕上がりによるのでどれでもいいんじゃないでしょうか。

ちなみに僕は、購入時のオプションではガラスコーティングを検討していました。
費用がUVに比べて安いのと、床面がテッカテカにならずマットな仕上がりにできるのが理由です。
ただ、やはり子供がいるので床面を傷つけたり、場合によっては割ったりということは間違いなくあるだろうということで、補修不可のガラスコーティングはやめておこうと。
そしてUVは費用が高いし、ツヤッツヤの床はちょっとなあということで無し。
フロアコーティング無しで入居しました。

けっきょく入居から5年でフロアコーティングした

やはり5年の間に床の劣化というか、床材のデフォルトのワックスが剥がれてまだらになり、また床材がむき出しになった箇所に汚れが付いて黒ずんできたのが、ちょっと気になってきました。
あとは、隣のマンションが築10年経過し、床材の反り、剥がれの補修工事を入れた人がちらほらと出てきたという話を聞き、これはフロアコーティングやったほうがいいかなーと入居後5年の定期メンテナンスのときに依頼しました。

入居後にフロアコーティングをするデメリット

メリットはないんかい?という質問もありそうですが、ないです。
ひとつ挙げるなら、場合によっては工事費が安くなるかもしれないというくらい。
ただ、購入時オプションで付けたほうが仕上がりに不満があったら文句をいいやすいです。

デメリットは入居後は当然、家具などの荷物を置きますから、それらをどかす必要があります。
また、入居〜施工までの劣化はコーティングで回復することは当然できず、施工以降からの現状維持となります。
あとは、これが最大のデメリットなんですが、床の古いワックス等の汚れを落とすときの剥離剤の臭いなのか、施工後の有機溶剤臭が半端ないです。
施工時は一応家にいようかと思っていたのですが、業者さんだけに気分が悪くなるので、施工時は家を出ていたほうがいいと言われました。
施工から2週間が経ちましたが、未だにちょっと残っていますね。

フロアコーティング、いつやるか

今でしょ!(古い)
入居時にやったほうが間違いなくいいです。
新品の状態の床を保全できるとともに、施工後に有機溶剤臭に苦しむこともありません。

もし、入居後にフロアコーティングをやるなら、金曜日などの休日の前日がいいですね。
施工自体は一日どころか半日で終わりました。
しかし、施工後、ずっと部屋を開け放って、換気しないと臭いがなくなりませんから、休日でないと開け放っておけません。
当然、その間自分は臭いの中にいないといけないんですが。
施工後の土曜日曜は妻子には実家に帰ってもらい、花粉症と寒さと戦いながら家にいました。
丸2日開け放ってそれでもまだけっこうな臭いがありましたからね。


自宅のフロアコーティングをいつやるか、これから買うなら入居前、買ったあとなら休日の前日です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する