花粉症にイムネオールマスク|日記

花粉症との付き合いはもう20年以上になろうか。
田舎生まれ、田舎育ち、田舎在住の身なので、実家の家族には現代っ子扱いされる。
昨年、ついに90過ぎの祖父が鼻がむず痒くなってきたと言っていたので仲間ができたと思ったが、先日実家に行ったときにはへいちゃらで、なんだ花粉症か大変だなと言っていたので、やはり僕が現代っ子なんだろう。

アレルギー性結膜炎として現れ始めた花粉症だが、ここ数年は鼻がグスグス、くしゃみが止まらないという鼻の症状の方が重症化してきている。
これが3月から5月まで続くので、毎年春は憂鬱な季節。
これからの人生の1/4はこの鼻グスグスかと思うとぞっとする。
それに加えて、今年の花粉は凶悪でいつもなら春前からアレグラを服用していると、思ったほどの被害が出なかったのが、今年はもう鼻が壊滅状態である。
悪化したのか、今年が特別なのか。

そんな憂鬱な時期、効いているのかよくわからない西洋医学の薬品は日に回数が決まっているので、そのつなぎとして、最近頼っているのが、このイムネオール。
これをマスクの外側、だいたい鼻のあたりの位置に1滴落として着けると、スーッとして荒れた鼻粘膜の一服の清涼となる。
うっかり口のあたりに垂らすと少しヒリヒリするので、やや上側に垂らすのがコツだ。

日中もいいが、寝る前にそのイムネオールマスクを着けて寝ると、鼻にもいいが、なんとなくハーブの香りのリラックス効果もあるのかよく眠れる気がする。

あと2ヶ月。
アレグラでは効かない今年の花粉症に、イムネオールマスクでささやかな抵抗。
ちょっと鼻がグスグスくらいだったら、薬に頼らなくても、このマスクだけでも乗り切れるかもしれない。
おすすめです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する