ウタマロ石鹸でスニーカーを洗う|日記


白いスニーカーは土埃で汚れるとぼやっとした感じになってしまうので定期的に洗う必要があります。
それがみんなが白いスニーカーを避ける理由のひとつ。
僕も、なかなか真っ白いスニーカーは腰が引けます。

というのは、靴の手入れはもう当たり前くらいに習慣になっていますが、スニーカーを洗うのは本当に億劫で。
よく革靴が面倒だと言われる理由に、「手入れをしなくちゃいけない」というのが挙がりますが、靴の手入れよりスニーカーを洗う方が100倍面倒くさいと思うのは僕だけでしょうか。

ですが、せっかく天気がいいのでスニーカーを洗いました。
NIKEのコルテッツ。
まっしろを避けて、グレー✕白を選んだんですが、それでも、白がスキッと白いと見栄えが違います。

IMGP0111_convert_20170320102709.jpg 
まず洗い残しがないように、全体を水に浸しました。

IMGP0112_convert_20170320102723.jpg 
ベロもしっかり洗いたいので靴紐をはずします。
靴紐もせっかく外したので、別に洗います。

IMGP0110_convert_20170320102645.jpg 
使ったのは、ふだんシャツの襟袖を洗うのに使っているウタマロ石鹸です。

ブラシに石鹸をつけて内側→アッパー→ソールのコバ→ソール裏と、きれいなところから洗っていきます。
足が入る内側は一番きれいであってほしいので、最初に洗い、外でトイレとかに行くと知らずにいろいろ踏んでいるかもしれないソール裏は一番最後。

IMGP0117_convert_20170320102748.jpg 
洗い上がり。
白いベロがまっしろになって気持ちがいい。

IMGP0116_convert_20170320102735.jpg 
靴紐もウタマロ石鹸でよく洗いましたが、やはりまだ汚れが残っていますから、軽く漂白します。

IMGP0114_convert_20170320102848.jpg
ペットボトルの下の方を切って簡易の容器を作ります。

IMGP0118_convert_20170320102902.jpg 
漂白剤を薄めて作った漂白水の中に浸けておきます。
あまり濃度が高いと紐が傷みそうなので、本当に薄めに。
浸ける時間は5分くらいでだいぶ白くなりました。

IMGP0120_convert_20170320102835.jpg 
スニーカーを干すときに立てかけたりしますが、つま先が反り上がったりしそうで心配。
なので、洗い上がったあとは、このスニーカー洗い専用のハンガーで干します。
これがすごく便利。

IMGP0122_convert_20170320102800.jpg 
こうして吊るして干すことができます。

IMGP0123_convert_20170320102625.jpg 

かかと側に水が溜まるので、干し始めは水を捨ててあげたり、かかとのクッション部分をぎゅっと押して絞ってあげるとちょっと乾きあがりが早くなります。

IMG_3354_20170320105543197.jpg 

洗い上がりです。
白がはっきりとして、すきっとした仕上がり。

やはりスニーカーは定期的に洗うと気持ちがいいですね。
革靴の丸洗いよりも効果がはっきり見えるのがいい。
どうしても手間がかかりますが。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する